【北海道】ペンギンの雪中散歩がみられる旭山動物園へ

サクッと食感のパイとコーヒーが絶品!六花亭帯広本店にて「サクサクパイ」と「リコッタパンケーキ」を食べる

サクッと食感のパイとコーヒーが絶品!六花亭帯広本店にて「サクサクパイ」と「リコッタパンケーキ」を食べる

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

帯広本店の近くの藤丸

六花亭帯広本店の近くには帯広唯一のデパートだった藤丸もありました。地下にある食品街では十勝地方の地元素材を使用した商品や『鳥せい』のお惣菜コーナーもあって、観光のついでにぶらりと買い物で立ち寄るにはとても良いお店だったのですが、惜しいことに2023年1月31日限りで営業を終了してしまいました。日用品を安く取り扱うスーパーとは方向性が違う百貨店という業態の維持が難しいというのは時代の流れです。藤丸のある交差点を曲がって、アーケード商店街を方へと進むと六花亭帯広本店があります。

六花亭帯広本店

六花亭帯広本店にやってきました。六花亭帯広本店は六花亭直営のお店で、建物がまるごと六花亭のビルとなっています。1階は六花亭の商品が並んでいる店舗となっていて、2階には軽食が食べられる喫茶室があります。観光で訪れる分にはあまり直接ないかもしれませんが、六花亭ポイントをたくさん貯めた人が利用できるお得意様ラウンジ『極楽』や落語や講演会などが開かれる『はまなしホール』も併設されています。

喫茶室でリコッタパンケーキを食べる

六花亭帯広本店の喫茶室は2階にあります。2階は登ってすぐ階段の前から喫茶室となっていて待合スペースはありません。階段の手前に順番待ちのための受付表があるので、そこに名前を書いて待ちます。待っている時間は店内で買い物をすることができます。店内で買い物をしていれば順番が来たら店員さんが呼びに来てくれます。

今回は六花亭の喫茶室でも限定された店舗のみで提供されているリコッタパンケーキを注文しました。実は前回訪れた際にも注文しているので、「今回は」といよりは「今回も」といったほうが正しいです。以前は帯広本店限定だったのですが、現在では函館にある漁火通店でも提供されているそうです。六花亭の直営店は北海道内に何店舗もありますが、リコッタパンケーキを食べることが出来るのはわずかな限られた店舗だけとなっています。

リコッタパンケーキとは、リコッタチーズを混ぜることで爽やかな酸味と濃厚な風味を加わえているパンケーキのことだそうです。通常のパンケーキの生地にリコッタチーズを混ぜて作られています。注文してから作り始めるので、ふっくらと焼き上がるまで他のメニューと比べると早くても10分程度の時間を要します。

生クリームとメープルシロップがたっぷりとセットになって付いてくるので、お好みで好きな量を掛けることができます。甘いほうが良い場合はたっぷりと浸るくらいかけられる量を用意してくれます。もちろんお好みで掛けられるので、甘さ控えめでパンケーキの味を楽しみたい場合は全く掛けなくても問題はありません。

パンケーキは通常ではふわふわとした食感で、食べごたえもずっしりとしている事が多いと思います。リコッタパンケーキはふわふわの上を行くふわふわ度の高いパンケーキです。リコッタチーズが混ぜられていることで、とても軽い食感になっているのが特徴です。パンケーキにしては随分とあっさりとしていて飽きのこない味で、とても美味しく食べることができます。軽食として食べるととても満足に食べることができます。

イートインでサクサクパイを食べる

六花亭の帯広本店には喫茶室の他にイートインスペースもあります。イートインスペースではイートイン専用商品である雪やこんこやその他店頭に並んでいる和洋菓子をその場で食べて行くことができます。今回は喫茶室を利用するのでイートインは利用する予定ではなかったのですが、喫茶室の待ち時間にどうしても気になっていた『サクサクパイ』という名前の商品があったので、この際ついでに食べてみることにしました。

『花の首飾り』というバタークリームを挟んだマドレーヌのような商品が登場したばかりだったので、店内の片隅の銅像に花の首飾りが掛けられていました。

帯広本店ではイートイン利用する人に向けて無料のコーヒーサービスを実施しています。同じ直営店といえども、お得意様ラウンジを除けば有料で提供されているのですが、創業の地でもある帯広は他のお店と比べても特別な扱いとなっています。甘いお菓子を食べるときにコーヒーがあると更に美味しく食べることができます。

サクサクパイは、パイ生地のなかにカスタードクリームを詰めたとてもシンプルなお菓子です。イートインメニューの冷蔵商品なのであまり持ち運びというのも考えにくいとは思うのですが、もし持ち帰るのであれば購入してから3時間以内に食べることがおすすめとなっています。店員さんによると3時間を超えて持ち運んでしまうと、外側のパイ生地がしっとりと柔らかくなってしまい本来の風味が楽しめないことがあるそうです。

おわりに

六花亭帯広本店と限られた店舗でのみ提供されているリコッタパンケーキと持ち帰りが難しいサクサクパイを食べることができました。ふわふわの食感が美味しいものとサクサクの食感が美味しいものという食感の違いを味わうことができました。どちらも直営店ならではの美味しいメニューです。六花亭帯広本店を訪れた際にはぜひ食べてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です