ポテトチップスの価格と量の推移&これからの予測

ポテトチップスの価格と量の推移とこれからの予測をグラフにしてみました。

はい、みなさんこんにちは。いんたらくとです。

ポテチ安売り?

湖池屋によると、ポテチの販売量と平均売価はじりじりと低下を続けてきた。「ここ10年ほどの間、1袋当たり15円ほど下がっている。コモディティ(汎用品)化が進み、飽きられてきたということ」だと佐藤社長は評する。

(中略)

今年2月に投入した「プライド」シリーズは発売3カ月余りで2000万袋、約25億円の売り上げを記録し、品薄が起きるほどのヒット商品となった。

ポテチ安売り「待った」! 高級路線「湖池屋プライド」大ヒット 仕掛け人は“伝説の人” (1/4) – ITmedia NEWS

この記事はもとは産経新聞の記事です。コイケヤのプレミアム志向戦略について書かれています。なるほど、コモディティ化が進んだことが原因で、販売価格は10年間で15円も下がっているなか、定価が150円の『コイケヤプライドポテト』を販売することで一気に単価上昇を狙ったということですね。

 

「なるほど・・・。」って、、、ちょっと、待った!

 

販売価格が10年で15円も下がったことは事実かもしれませんが、平均売価がじりじりと下がっているのはコモディティ化が原因なのでしょうか。ポテトチップスという製品のコモディティ化が進んでいるなら、コイケヤと同じくポテトチップスを主力製品としている某社の業績も下がっていなければ説明がつきません。

 

31ページ目

http://www.calbee.co.jp/ir/pdf/2017/kessansetsumei_20170512.pdf

某社の2016年4月から2017年3月のポテトチップス売上は78627百万円→76583百万円で、マイナス2.6%でした。一見すると減っているように見えますが、その前年度に7.6%も伸びたための揺り戻しでしょう。

 

じりじりと下がっているのには別の要因があるのではないでしょうか。

 

価格と量の推移&これからの予測

先の記事通り販売価格がじりじりと減っていると仮定して、初期は定価の100円で、次第に98円→88円のように10円ずつじりじり減ったという計算をしてみました。

 

あくまでも概算です。等分に減っていますが、実際には年によっての動きがあったと思われます。記事によると過去10年で15円の減少ですし、2014年には消費税の増税などで若干動きはあったはずです。また、まだ2020年を迎えていませんが、2017年の時点でほ総務省(小売物価統計調査)によるととんど変化がないため価格と量は据え置きとしました。

 

販売価格が低下した最初のきっかけはバブル崩壊による景気の後退が原因のように思います。その後も下げ止まらなかったのはのは価格を据え置きのまま、じりじりと内容量を減らして、実質値上げを繰り返したからではないでしょうか。経済学の概念で『需要と供給』というものがありますが、価格が上がれば需要は減り、需要が減れば価格が下るという事になっています。

 

もはや、タマゴが先かニワトリが先かは分かりません。

  • 内容量を減らすから価格が下がる?
  • 価格が下がるから内容量を減らす?

悪循環に陥っているのは間違いありません。

 

価格が下がり続ける悪循環から脱するには、プレミアム路線で無理に販売価格を釣り上げるのではなく、『標準の内容量』を増やせばいいのでは。なんの根拠もなく、消費者が納得しないまま無理やり値上げしたら、どうなるかは分かりきっているはずです。

アベノミクスが始まって以降、デフレ脱却の可能性が出たことで、ユニクロは’14年に5%、’15年に10%の値上げを断行し、これが災いしました。

ある日、突然捨てられる会社~ユニクロ、マックの失敗は他人事ではありません(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

目先の内容量減らしは、最終的に製造会社の首を絞める事になります。。

 

コイケヤのこれから

先の記事に掲載されている『コイケヤプライドポテト』は、とても気合を入れて製造されたということで当サイトでもレビューを行いました。結果はプライドの名前が泣いている散々な状態です。特に、一部商品に関しては抜本的な改革を行わなければ一過性のブームで終わってしまうと思います。都内の某店では80円台で在庫処分されるという事態が起きています。消費者には付加価値を付加価値と感じなかったということです。物珍しさも手伝って販売数が伸び業績は好調かもしれませんが、好調なうちに手を打たなければ、単なる値上げと思われ、ライバル社の背中は更に遠のくことになるでしょう。

 

ポテトチップスのようないつでも一定の需要がある定番商品が『コモディティ化』するという発言は冷静に考えてみたらおかしな話です。そもそも湖池屋が同業他社と比べて何か『特別』だったでしょうか?湖池屋が一番最初に国産ポテトチップスを作ったかもしれませんが、それは単なる『プライド』であって、味や満足度には一切関係ありません。変なプライドは早めに捨てて、消費者の欲しがる魅力的な商品を販売してください。

 

湖池屋も応援していますが、一般消費者としては同業他社も同じくらい応援しています。より優れた商品、つまり味や付加価値と価格についてより魅力的な商品を買いますので、買いたいと思わせるような製品を開発し製造し販売してください。

 

(おまけ)誤った内容量予測

【ザ・検証】ポテトチップスの歴史と容量の変遷を斬る✘ – Vita Ricca.

上記のグラフを見たことがある方はいらっしゃるでしょうか。ネタとしては面白いと思いますが、残念ながら計算方法を間違っています。

 

指数近似では近い将来に『0グラム』を割り込むと計算されますが、実際には空の袋を売ることは考えられません。実際にはある程度の段階で横ばい状態になると思われます。つまり、採用すべきは指数近似ではなく対数近似なのです。ところが、対数近似でも現在のデータだけでは横ばいにならず約1000年経つと0グラムを割り込むという予測になるのは内緒。