当サイトのPVができました!【動画公開中】

「ダークナイトライジング」バットマン・ダークナイト三部作視聴レビュー

バットマンのダークナイト三部作の第3作目「ダークナイトライジング」視聴レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

注意
この記事にはネタバレを含みます。

 

プライム・ビデオで配信中!

私はAmazonプライム会員なので会員特典のプライム・ビデオで視聴しました。Amazonプライム会員の方は無料で視聴することができます。すでにプライム会員の方はぜひご覧ください。

 

 

ちなみに、プライム会員になるとその他どのような特典があるのかという点については別の記事をお読みください。

 

そうだ、Amazonプライム会員になろう!プライム会員ならあれやそれ

 

ダークナイトライジング

ダークナイトは2008年に公開されたワーナーブラザーズの映画です。(画像は公式サイトより)

 

この記事を読んだあとでも映画が楽しめるように「敵は誰」とかそういう陳腐なネタバレはできるだけ避けるようにはしています。それでは、ネタバレもありということで、あらすじや個人的にぐっと来たシーンを交えながら進めていきたいと思います。

 

前作(1/3)

「バットマンビギンズ」バットマン・ダークナイト三部作視聴レビュー

 

前作(2/3)

「ダークナイト」バットマン・ダークナイト三部作視聴レビュー

 

ダークナイトライジング

前作のラストで正義の象徴としてのバットマンの地位は底におちる事になりました。生きている以上は様々な制約があります。だから、その制約を超越した存在、行動が制限されない存在。その存在にすべてを託すことに決めた。それが前作の「ダークナイト」でした。

 

表向きと裏向き

M.C.「市警のゴードンにデント氏の真実を語ってもらおう、では本部長」

ゴードン「真実…原稿を書いてきたがデント氏の真実はまたの機会に。ただ皆さんに知っていただきたい。ブラックゲート刑務所の千人の囚人はデント法で捕まえた凶悪犯や悪党達だ。これだけは言えるハービー・デントの死は無駄ではなかった。

バットマンがダークナイトとして地の底に落ちた代わりに、悪との戦いという功績が評価されたデントを讃えて、デント法という法律が制定されました。今まで以上に犯罪者の摘発が進みました。

 

表向きに発表される内容と本当の真実は別物であるということ。苦しみながらもその真実を話すことはありませんでした。その事実を知っているものの、話したいけど話せないという葛藤です。

 

砂上の楼閣

ベイン「重大な過ちを犯したのはお前だ」

ブルース「ベインか」

ベイン「堅苦しい挨拶は抜きだ ミスター・ウェイン」
「この衣装と勝利がお前を堕落させた」
(中略)
「派手な演出で愚民をだましヒーローになったつもりか。俺達は選ばれし者のはずだ。影の同盟の一員だ」
「だが貴様は同志を裏切った」

 

光が強く当たれば影も長くなるのです。前作で起きたジョーカーによる事件はまさに衣装と勝利による華々しさが起こしたことでした。これでは本末転倒でした。それをベインに指摘されます。

 

ベインの所属する影の同盟もゴッサムシティを腐敗した権力からの開放を目指したものでした。街を救うのは光か影か。それを象徴づけるのがこのシーンでした。

 

1作目で描かれている通り、ブルースは強くなるためにヒマラヤにあった秘密結社でトレーニングを積んできました。しかし、最後の最後で自身の正義のために影の同盟を裏切っていました。つまり、もとはブルース自身も影の存在でした。バットマンという衣装で光の存在へとなっていたのです。

 

見えてる部分と見えない部分

ゴードン「ヒーローが必要だった」

ロビン「今こそ必要なのにあなたがダメにした」

ゴードン「いずれ君にも分かる時が来る。枠に縛られて、法が武器ではなく枷となり、悪人どもに手出しできない辛さが」
「いつの日にか君がそういう状況に直面した時、頼れる友がいることを祈っているよ。彼は自ら泥に手を突っ込み私をかばってくれた」

ロビン「あなたの手も汚れて見える」

街ではバットマンが悪者でデントがヒーローとして扱われていましたが、ゴードンが冒頭で読まなかった真実が書かれた原稿が流出したことをきっかけに、本当のことが明らかになってしまいました。隠していたものが明らかになってしまったのです。ゴードンが真実を隠していたということに部下のロビンは失望してしまいました。

 

デントというヒーローの名のもとに正義を遂行することで街が平和になることが支えでしたが、その真実は今までの前提をひっくり返すようなことだったのです。

 

ロビンは、ゴードンによって声をかけられた警官で、それ以降ともに行動していました。ロビンもゴードンと同じように良心を持っていた警官でしたが、ゴードンが重要な事実を隠していたことには・・・。

 

 

人が輝くとき

ベインはただバットマンことブルースを倒すのではなく、ゴッサムシティが(バットマンにとっての)悪の手に落ちていく様子を見せつけるという、ブルースにとって最も「怖い」ことをしたのです。ゴッサムシティに戻るには、高い崖を登って先に進まなければならないのですが、過去に登りきれたのは1人だけという・・・。何人も登ることを目指してきましたが、そのたびに失敗の数だけが増えていたのです。

 

(ブルース人はなぜ落ちる)

住人「死を恐れていない。それが強さだと思ってる。そこがお前の弱さだ」

ブルース「なぜだ?」

「限界を超えた速さ。誰よりも長く戦う力。それには魂の強い鼓動が必要なのだ。それは死への恐怖」

そんな崖を登ろうとするブルースへのアドバイスがこれでした。恐れていないことよりも、恐れながらも全身全霊で取り組むことこそが最大限の力を発揮し、最高の成果をもたらすということです。

 

ゴードン「解決できるのはここにいる我々だけだ!」
「いいか。制服で街をあるけとは言わん。だが努めは果たせ」

その頃、ゴッサムシティでは、ゴードンによって信頼できる仲間が集結され、秘密裏に工作を行っていました。悪に屈して身を潜めてしまった仲間にも声をかけにいきます。同じくゴッサムシティを守ろうと約束した仲間だからこそ、ゴードンは危険とわかっていても声をかけに行ったのです。

 

ここからバットマン陣営による逆襲が始まります。

 

正体を明かすとき

ゴードン「正体は気にしなかった」

バットマン「それでいい」

ゴードン「だが市民は知りたいはずだ。ヒーローはどこでもいる」

バットマン「少年の肩に上着を掛け、世界の終わりではないと励ますような男だ」

ゴードン「ブルース・ウェイン」

いままで、バットマンがなぜゴードンに接触したのか触れられてきませんでした。ゴードンは失望した幼いブルースに力を与えた人物だったのです。腐敗している街でも諦めず良心を捨てずに優しい声をかけた人物です。

 

そして、強力な悪を前にして、なお正義を遂行しようと迷っていたのがゴードンでした。だから、バットマンはゴードンを仲間として行動してきたのです。

 

おわりに

バットマン・アーカムナイト3部作の第2作目「ダークナイトライジング」をレビューしました。この作品は1作目と2作目を踏まえての伏線回収だったのであまり詳しいことは書けませんでした・・・。

 

ダークナイトライジングでは、

  • バットマンの弱点
  • 人が力を最大限発揮できるとき
  • バットマンが警察官の中でもゴードンを信じた理由
  • キャットウーマン登場!
  • ロビンが仲間になるまでの経緯

ということがわかります。

 

最後のシーンを楽しむために、一つヒントを。ネックレスにはGPSが仕込まれています。

 

コメントを残す