きのこ好きが集まるイベント「ヨコハマきのこ大祭2018」会場レポート

横浜みなとみらいで開催されている「ヨコハマきのこ大祭2018」の会場を訪れてみました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

ヨコハマきのこ大祭

ヨコハマきのこ大祭2018はきのこ好きのためのきのこオンリーイベントです。きのこ大祭は2015年の初開催より毎年行われており、きのこ大祭実行委員会の皆様がボランティアで運営しています。

 

2018年は10月20日と21日の2日間にわたって、横浜のみなとみらいエリアにある商業施設「MMテラス」にて開催されています。ステージイベントやライブパフォーマンス、きのこに関連した手作りのグッズの販売やワークショップ体験が用意されています。また、この2日間に合わせてMMテラス内の協力店ではきのこ料理を食べることも可能です。5種のきのこを利用したきのこうどん、きのこパスタ、きのこシチューなどがパンフレットで紹介されていました。

 

そんな、きのこ好きが集まるという会場を訪れました。

 

 

きのこの販売

様々なきのこも販売されていました。写真はなめこのようにも見えますが、なめこではなくベビーしいたけという小さいサイズのしいたけです。しいたけを生産する過程で間引きされたもので、本来なら廃棄されてしまうものをお得に販売しているそうです。サイズこそ小さくても味はしいたけだそうです。

 

まだ菌床に植わっているきのこを狩るきのこ狩り体験ができるコーナーもありました。商業ビルの中できのこ狩りを楽しむことができ、さらに狩りたて新鮮なきのこをゲットすることもできます!

 

 

きのこ作品の販売

様々なハンドメイド作家さんがきのこグッズを販売していました。小瓶の中にきのこが生えている作品にきのこの置物。普段は海の生き物をモチーフに作品を作っている方でもきのこ大祭ではきのこグッズ!きのこのオンリーイベントです。訪れた時間が少し遅めだったので会場内の人はあまり多くありませんでしたが、主催者の方にお話を伺ったところピーク時は多くのきのこ好きが「きのこ狩り」(=きのこグッズを買い集める)の為に来場し、とても大盛況だったそうです。

 

本当に多種多様なハンドメイドのアクセサリーや小物が販売されていました。その中で気になったのはきれいなきのこのポストカードです。富士山麓等の自然が豊かな場所へ行きマイクロレンズで接写しているそうです。とても幻想的な写真!

 

なめこパフォーマンス

会場内ではステージイベントやパフォーマンスが行われていました。その一環として、なめこ栽培キットの「なめこ」と「ダンボールなめこ」が会場を歩いていました。スケジュールによると直前になめこのステージイベントが実施されていたようです。

 

ファンサービスであちらこちらで記念撮影に応じながら歩いているなめこに会えました。

 

エスカレーターチャレンジ

歩きながらファンの写真撮影をしていたなめこの前に強敵が現れました。強敵の名前はエスカレーター。

 

エスカレーターの前で一歩も動けないなめこ。「エスカレーターが細いから挟まってるから動けないのか・・・!?」と思いましたが、なかなかエスカレーターに乗らないのは挟まっているからではありませんでした。どうやらエスカレーターのステップに足を乗せるのが難しいようです。

 

ようやくステップの上に足がのりました!歩みを止めていたのはエスカレーターに乗るタイミングを測っていただけでした。ちなみに、安全のために人の手足が生えているダンボールなめこが後ろから支えていました。

 

そういえば、ダンボールなめこの背後には著名人や著名メディアのサインやステッカーが貼ってあります。知ってるものもちらほら・・・!

 

なめことなめじろう

記念撮影するというのになめことなめじろうはやりたい放題でした。うしろを向いたり、きのこのかぶりもので顔を隠してみたり・・・!

 

なめこの記念撮影

ようやく記念撮影の体制になりました。ちなみに、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、左からなめじろう、なめこ、ダンボールなめこです。

 

しばらくして、ダンボールなめこがふと「去年と同じじゃん!」と言い出し、何やら細工をはじめました。

 

そして、なめじろうの頭に2018という文字が浮かび上がりました。これで今年ということがよく分かる写真に。

 

「とったど~」という声が聞こえてくるかのような・・・。

 

永遠のライバル対峙!明治のきのこの山とたけのこの里アソートパック

 

なめこみくじ

なめこみくじが無料で引けるので挑戦してみました。ジャジャジャジャーン・・・引いたのは小吉でした。ラッキーなめこはぽてもちなめこ!なめこ栽培キットに登場するキャラクターで、じゃがいものようなものを抱えているなめこでした。

 

なめこくじ参加者は記念になめこのステッカーがプレゼントされます。この中には大当たりも入っているとかいないとか・・・。

 

無料でお一人様1回、おみくじをひいていただけます!
見事「んふ吉」をひかれた方には…
「なめこのお酢」1本をプレゼント!

https://namepara.com/info/news/181010_120655.html

大当たりを引くとステッカーではなく景品プレゼントされるそうです。

 

なめこがくじを引いている?様子です。入らない手をグイグイと詰め込まれているような気がするのは気のせいかもしれません!?

 

ちなみに、なめこ(の代理でダンボールなめこ)が引いたくじは中吉でした。

 

きのこスタジオ

記念撮影できるようにさまざまなきのこのかぶりものが用意された撮影スタジオがありました。会場で用意されたものだけでなく、なめこのマイぬいぐるみと一緒に記念撮影している方もいました。

 

きのこスタジオの背景として、きのこのイラストがかけられていました。きのこのかぶりものをして、きのこ背景の前で記念撮影すれば、あなたもきっときのこの仲間入りです!!

 

 

おわりに

出品している作家さんも多かったので見ているだけでも楽しいイベントでした。おろらく、これだけのきのこグッズが集まるのは「きのこ大祭」だけかもしれません。ですので、きのこ好きにはたまらないイベントではないでしょうか。

 

この記事を公開した時点ではまだまだきのこ大祭2018開催中です!きのこ好きの方やちょっとでも気になった方はぜひ訪れてみてください!

 

きのこ頭の面白集団「マッシュ&ルーム」ボランティアのIT技術者たち

コメントを残す