5/1より元号は令和に

定番のライスパフ入りチョコレート!ネスレの「CRUNCHミニ」レビュー

定番のライスパフ入りチョコレート!ネスレの「CRUNCHミニ」レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

CRUNCHミニ

この記事ではネスレのクランチをご紹介します。チョコレート界では定番の青いパッケージが特徴の世界中で販売されているクランチチョコレートです。クランチは1938年に販売が開始され、以降リニューアルを繰り返して販売が継続されてきました。しかし、米国ネスレのお菓子部門はキットカットを除いてフェレロ・ロシェで知られるフェレロ社に売却されてしまったので、今後は販売終了や何らかの変更があるかもしれません。現在、日本で販売されている分に関しては日本ネスレが製造を行っています。

 

 

内容量

内容量は82.8 gというとっても中途半端なグラム表示です。個包装で約18個入っています。以前はもう少し大きいサイズで食べごたえは良かったのですが、2016年にリニューアルされて現在の姿になりました。

 

サクサクのライスパフ

こだわり抜いた「クランチ」自慢のチョコレートに、その美味しさをさらに引き立てる香ばしいライスパフをたっぷり投入!!チョコの味わいと、サクッサクのライスパフの食感が「クランチ」の美味しさのヒミツ。 ヤミツキになる味わいと食感を存分にお楽しみください。

甘めのミルクチョコレートとサクサクとした食感のライスパフ。クランチチョコの走り的存在です。ミルクチョコレートは絶妙な甘さ加減であっさりとしていて後には引かない、まさにやみつきになる味です。さくさくで食べ続けたい味ですが、1口サイズの粒が18個と決してたくさん入っている訳ではないので、食べ続けることは叶いません・・・。82.8 gは多くもなく少なくもない量でした。1粒あたりの大きさをもう少し大きくするか、数量がもう少し多くても良いような気がします。

 

おわりに

一口サイズになったサクサクの定番クランチチョコはもちろん美味しい。当然ながらまた食べたいと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です