フリトレー「ドラゴンポテト 奏でしバターチキンカレー味」レビュー

フリトレー「ドラゴンポテト 奏でしバターチキンカレー味」レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

ドラゴンポテト 奏でしバターチキンカレー味

この記事ではフリトレーから発売されているドラゴンポテトの奏でしバターチキンカレー味をご紹介します。ドラゴンポテトはまるでドラゴンがくるくるととぐろを巻いたような他では見かけない独特な形になっていることが特徴です。今回のドラゴンポテトはフジファブリックの金澤ダイスケ氏が監修したバターチキンカレー味です。誰々が監修というのは置いておくとして、ドラゴンポテトシリーズの新味ということで期待です。

 

 

内容量

内容量は48gです。ドラゴンポテトの標準的な味であるうましお味はよりも僅かに2g少なくなっています。入っている量は少ないですが、見た目では立体成型のおかげで少なすぎるとまでは感じませんでした。

 

本格バターチキンカレー味

奏でしバターチキンカレー味 feat.金澤ダイスケ! ドラゴンポテト史上最もエモーショナルな味が誕生。 音楽界屈指の料理男子であるフジファブリックの金澤ダイスケ氏(Keyboard)と美味しいドラゴンポテトの味を探し続け、 繰り返したセッション&ディスカッション、完成したフレーズ&フレーバー。 オニオンのナチュラルな甘味、トマトのさわやかな酸味、バターのまろやかなコク味、3つの旋律が奏でし叙情的なハーモニーをお楽しみください。

http://www.fritolay.co.jp/products/dragonpotato_butterchickencurry_1811/

封を開けたときから美味しそうなカレー香辛料の香りが漂っていました。ザクザクとしたいい音が食感の良さを表しています。はじめはオニオンの甘さやバターのコクが広がり、あとからほのかな酸味やカレーならではの辛味が続きます。食感はあくまでもサクサクのポテトチップスでしたが、味についてはまるで「バターチキンカレー」を食べているかのような錯覚。まさに再現度が高いのでカレーを食べているような気分です。スナック菓子を食べているとは思えない本格的な味でした。

 

おわりに

言葉を借りるなら、オニオン、トマト、バターの3種類の極上のハーモニー。本当に良くできたスナック菓子です。監修つきなのでいつまで販売されるかわかりませんが、とっても美味しいので見かけたらまた購入したいと思いました。

 

コメントを残す