【1年間無料】楽天モバイルのRakuten Wifi Pocketを使ってみました!

布マスク洗濯に便利なスチール製物干し!ニシダ「ミニ角ハンガー(N67722)」レビュー

布マスク洗濯に便利なスチール製物干し!ニシダ「ミニ角ハンガー(N67722)」レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

ミニ角ハンガー(N67722)

この記事ではニシダのミニ角ハンガー(N67722)をご紹介します。マスク専用として使える小型の洗濯物干しハンガーを探していたところちょうど良さそうなサイズのものを見つけました。毎日のように使用するには不織布マスクよりも布製マスクのほうが肌触りが良いのですが、使用後は毎日洗って干さなければなりません。それこそ外出する度に洗濯して干さなければならないので、大きな物干しハンガーの一角に干すよりはいっそマスク専用のスペースを確保して置いたほうが良さそうな状況でした。

 

 

大きなフック

本体のフックは大きめで、滑り止めにもなるラバーがついています。結構深めのフックだったので、今回は室内干しのために用意しましたが、屋外で風に吹かれても多少強めの風が吹いていても飛ばされることもなく何事もなさそうです。

 

スチール製で頑丈

この手の小型の物干しハンガーはプラスティック製の商品が多いのですが、このミニ角ハンガーはスチール製です。スチール製ならよっぽど劣化が進まない限りは壊れることもなく頑丈なので長く使えて安心そうです。プラスティック製は安い代わりに劣化が早く折れたり割れたりと壊れやすいのが難点です。室内でマスクを干す分にはプラスティック製のものでもそこまで劣化が進むことは無さそうでしたが、年単位で毎日のように使っていくことを考えると一定の丈夫さはあったほうが良いという判断をしました。

 

ピンチ10個付き

ピンチは全部で10個ついています。枠に沿って一定間隔で配置されているので、靴下のようなものだと10個着けても乾かすことが可能です。マスクの場合は広げた状態で干す必要があるので、多くとも6枚までで使用すると隣同士くっつかず乾きやすいと思います。不織布マスクに似たデザインのプリーツ付き布マスク(無印良品マスク)は広げた状態で3枚干すことが出来ます。また両端に立体型マスク(ユニクロマスク)を2枚~4枚干す事ができます。両端の2個は間隔が狭いので、プリーツ付き布マスクを干すには不十分でしたが立体型マスクなら問題ありません。

 

おわりに

不織布マスクは使い捨てなので使用後は捨てるだけですが、布マスクはへたるまで何度でも使用することができます。布マスクを着けていてもマスクそのものが衛生的な状態でなければ予防のために着けている意味が薄れてしまいます。使用後は速やかに洗濯してしっかりと乾かすことこれが大事です。マスクを日々着ける必要となってしまった世の中なので、マスク専用の物干しハンガーを探している方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です