【1年間無料】楽天モバイルのRakuten Wifi Pocketを使ってみました!

沈み込むような低反発枕!TEMPUR「オリジナルネックピロー M ホワイト」レビュー

沈み込むような低反発枕!TEMPUR「オリジナルネックピロー M ホワイト」レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

オリジナルネックピロー M ホワイト

この記事ではテンピュールのオリジナルネックピロー Mをご紹介します。テンピュール社はデンマークに本社を置く世界的な寝具メーカーです。NASAにも認定なれているテンピュール素材を使用した寝具を世界中で展開しています。その中でもオリジナルネックピローはテンピュールの中でも代表的で看板商品です。日本では「テンピュール」といえばこのオリジナルネックピローを指すほどの人気です。

 

 

正規品は3年保証

製造工程あるいは素材に起因する欠陥、あるいはテンピュール®素材に2cm以上の明瞭な凹みが生じた場合。

出典 https://jp.tempur.com/guarantee.html

テンピュール枕の場合は3年間の製品保証がついています。ただ、保証の例外規定を見ると通常の使用でも使用しているだけでも対象外になりそうな規定となっていたので、現実的には初期不良交換は受け付けますくらいの認識でいたほうが良さそうです。日本での商品保証は日本正規品というシールが貼られています。もし不具合が合った場合には保証を受けられるということも安心の材料としては十分です。

 

サイズはMサイズ

サイズ 縦(短辺) 横(長辺) 高さ
XS 31cm 50cm 7cm
S 31cm 50cm 8cm
M 31cm 50cm 10cm
L 31cm 50cm 11.5cm

標準モデルには縦と横のサイズはいずれも同じ大きさですが、高さの違いでXS~Lまで4種類あります。XSが高さ7cm、Sが高さ8cm、Mが高さ10cm、Lが高さ11.5cmです。今回選んだサイズはMサイズです。今まで使用してきた枕の高さを元に低反発で多少沈み込むことを考慮した結果Mサイズにしました。どのサイズを迷う場合は、横向きで寝たときに首の位置が地面からどれくらいの高さか測ってみるとサイズ選択の参考になるかもしれません。

 

ミレニアムタイプとの違い

オリジナルネックピローはテンピュールの中でも標準モデルの低反発枕です。テンピュールといえばこの枕です。様々な枕のバリエーションがありますが、オリジナルネックピローに近いミレニアムネックピローという別商品もあります。オリジナルネックピローとミレニアムネックピローの違いは首をサポートする凹みがあるかないかです。ミレニアムネックピローは中央付近にくぼみがあって首が固定され左右に振られにくくなります。仰向けの体勢から動かないで包み込まれるような寝心地が良い方はミレニアムネックピローを、寝返りや横向きでも寝やすい形が良い方はオリジナルネックピローをおすすめします。

 

山の高いほうが下側

テンピュールの枕は山が2つ連なったような形をしていますが、山が高いほうが下側です。あえて高い方を下側にすることで低反発がしっかりと機能します。頭の重みで自然と首の形に合わせて形が変化します。テンピュールの枕を使用する前は一般的な羽根枕を使用していたので、低反発といえども思ったよりも固いなと感じました。時間経過とともに柔らかくなっていくようなので、しばらく継続して使用して様子を見ようかなと思います。ちなみに、枕カバーはガーゼーのような柔らかい肌触りでした。

 

洗濯について

テンピュールの枕はカバーは水洗い可能ですが、本体は水濡れ禁止でした。枕本体を洗濯することはできないので、長く使用したいならカバーを掛けるのは必須です。本体にははじめから1つ枕カバーが装着された状態になっているので、洗い替えでもう1枚用意すると清潔な状態を保つことが出来ます。

 

 

おわりに

テンピュールの枕は店頭で試してみたときから気になっていました。他社の枕と比べてもフィット感があって快適だったのがテンピュールの枕でした。こういった商品は実際に試して見ないと自身に合っているかは分かりにくいものですが、沈むような低反発感が好きな方にはおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です