【1年間無料】楽天モバイルのRakuten Wifi Pocketを使ってみました!

Giga対応LANポートを簡単に増設できる!BUFFALO「5ポートスイッチングハブ(LSW6-GT-5EPL/BK)」レビュー

Giga対応LANポートを簡単に増設できる!BUFFALO「5ポートスイッチングハブ(LSW6-GT-5EPL/BK)」レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

5ポートスイッチングハブ(LSW6-GT-5EPL/BK)

この記事ではBUFFALOの5ポートスイッチングハブ(LSW6-GT-5EPL/BK)をご紹介します。スイッチングハブはLANポートの簡単に言えばタコ足配線用の機器です。インターネット回線を契約したときに貸与されているルーターはLANポートの数が少ないのでパソコンやWi-Fiルーターなどを接続していくと足らなくなってしまうことがあります。そんなときにLANを分岐してLANポートを増設するためのアイテムがスイッチングハブです。

 

 

箱の中身

箱の中にはスイッチングハブ本体と電源アダプターの他に取扱説明書が入っていました。取扱説明書の入っている袋の中にシールタイプのゴム足が入っていたので、設置場所によっては貼って滑り止めとして使うことが出来ます。

 

壁掛け対応

電源やLANケーブルはすべて側面に差せて、背面にはフック用の穴が付いているので壁掛けでも使用することが出来るようになっていました。インターネット回線の末端端末を設置する場所は多くの場合で部屋の隅や机の角などスペースに余裕がある場合ばかりでは無いので、ただ置くだけでなく壁掛けにも対応しているのは選択肢としては便利です。なお、このモデルには磁石は付いていないので、磁石が欲しい場合は同等の機能で金属筐体の上位モデルを選ぶと良いです。

 

 

Giga対応のLANポート増設に

5ポートスイッチングハブという名前の通り今回のは5ポート付いています。1ポートは大元となっているルーターと接続する必要があるので、5ポートのスイッチングハブの場合は4ポート増設することが出来ます。1番~5番まで番号が振られていますが特に数字に意味はありません。どのポートに挿しても同じように動作します。同時に複数の端末を接続すると多少は回線速度が遅くなるかもしれませんが、もっと分岐の数が多いスイッチングハブもあるということを考えると一般的な使用では誤差の範囲なのであまり気にする必要はありません。

 

 

おわりに

急な在宅ワークなどでパソコンをLAN接続したいのにLANポートが足らなくなって困っているという方にはひとまずこれを選べば間違いありません。なお、配線の際には、LANケーブルを間違っても2経路にならないように気をつけてください。LANケーブルが2経路で接続されている『ループ』という状態になるとインターネット接続ができなくなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です