【北の大地】ディーゼル機関車が代走する冬の湿原号

顔が可愛くてザクザク食感!カバヤ「さくさくぱんだ ミルク&ほろにがチョコ」レビュー

顔が可愛くてザクザク食感!カバヤ「さくさくぱんだ ミルク&ほろにがチョコ」レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

さくさくぱんだ ミルク&ほろにがチョコ

この記事ではカバヤ食品のさくさくぱんだ ミルク&ほろにがチョコをご紹介します。カバヤ食品は岡山県に本社を置く製菓メーカーで、さくさくぱんだの他にもジューCラムネやソイジャーキーなどの人気商品があります。さくさくぱんだは1996年から販売されているロングセラー商品です。

カバヤ食品
¥1,480 (2023/01/29 12:51:23時点 Amazon調べ-詳細)

内容量は47g入り

小分けパックは47g入りです。食べている途中で保管できるようにジッパー付きになっています。大勢でたっぷり食べるにはこちらの小分けパックはあまり向いていないと思います。ちなみに、さくさくぱんだのファミリーシェアパッケージは食べきりサイズでジッパーが付いていません。

ほろにがチョコとザクザク食感

おいしさの秘密はさくさくビスケットと2層のチョコレートのバランスの良い組み合わせ。
ミルクチョコレート、ほろにがチョコレート、さくさくビスケットのこだわりの味わいをお楽しみください。

https://www.kabaya.co.jp/catalog/sakupan/

チョコレートとビスケットが貼り合わされたお菓子です。チョコレートは外側のミルクと内側のビターの2種類のチョコレートが使用されています。2種類のチョコレートを使用することで目玉と耳が顔全体の中でうまく色分けされています。

ザクザクとした食感と甘いチョコの後に出てくるほろ苦いチョコの口溶けの良さを楽しむことが出来るお菓子です。スーッと溶けて後味はほろ苦さが残ります。後味が甘ったるくないので食べやすく、1つ1つで食べごたえがしっかりと完結しているので食べた後の満足感も高めです。

さくさくぱんだは小分けパッケージとファミリーシェアパッケージで味が異なります。さくさくパンダは、小さいタイプと大きいタイプという大きさの違いだけではありません。小分けパッケージは『ミルク&ほろにがチョコ』で、ファミリーシェアパッケージは『ミルク&ホワイトチョコ』です。

おわりに

後味のほろ苦さ加減がとても良いです。ちょっと気分転換に食べても良いですし、コーヒーやお茶のお供に食べても良いと思われます。ほろにがチョコレートなら割りと幅広いシチュエーションで美味しく食べられるのではないかと思います。ぜひ『お供』にぱんだを選んでみては。

カバヤ食品
¥1,480 (2023/01/29 12:51:23時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です