そうだ、ポッキーを食べようか!11月11日はポッキー&プリッツの日!!

11月11日はポッキー&プリッツの日です。

はい皆さんこんにちは。いんたらくとです。

ポッキー&プリッツの日

ポッキーの製造会社江崎グリコは平成11年(1999年)11月11日にポッキー&プリッツの日として、日本記念日協会の認定を受けました。それ以来、毎年11月11日はイベントを開催していたり、キャンペーンサイトを展開していたりと、1年で最もポッキーが注目される日になりました。

 

そんな11月11日が迫ってきた本日は、定番中の定番お菓子のポッキーをレビューします。

 

参考

Pockyグリコポッキー公式サイト

 

グリコ Pocky

赤い外箱に、ポッキー。ポッキーといえばこのデザインです。コンビニでも、スーパーでも、お菓子屋でも、そしてデパートでも販売されているポッキーです。まさか、見たことない方、食べたことない方はいませんよね??

 

 

最近のポッキーの外箱には名前を書く欄があるので、ちょっとしたプレゼントにも使えます。今まではメモ用紙を添える必要がありました。

 

1箱2袋入り

箱の中には2袋入っています。ポッキーも商品によっては1袋のものから3袋のものまでありますが、このノーマルタイプのポッキーは2袋入りです。ちなみに最も個包装の数が多いのは、ファミリーパックで9袋入りです。ただし、個包装1袋あたりの量はノーマルタイプのものよりよりも少なめです。

 

1袋36グラム 約17本

1袋36グラムで、本数に決まりがあるわけではありませんが、今回は17本入っていました。

 

1人に1本ずつ配ると仮定すると、1箱でシェアできるのはおよそ34人ということになります。

 

実はパッケージ写真のように積み重ねることができるか試してみたのですが、パッケージ写真のように積むのは難しく、途中で崩れてしまうので断念しました。

 

実食レビュー

誰もが食べたことがある商品の、今更なレビューなので、新しい驚きのような事はありませんが・・・。定番商品なので、コンビニで150円で販売されていて、スーパーでは130円、ディスカウントショップでは110円と、販売店の業態がそのまま価格に現れるお菓子です。物価の優等生は鶏卵ですが、お菓子売り場の相場を知ることができる良いお菓子です。

 

サクサクのプリッツェルが、ビター系のチョコレートでコーティングされています。ミルクチョコよりも苦く、ビターチョコよりも甘いチョコレートです。

 

 

グリコ Pocky 極細

こちらはポッキーの極細タイプです。1箱に約50本のポッキーが入っているそうです。

 

裏にメッセージ欄があるのはノーマルタイプのポッキーと同じです。

 

 

こちらも1箱2袋入り

こちらの極細タイプも1箱に2袋入っています。

 

1袋37.7グラム

こちらは1袋37.7グラム入りで、ちょうど25本入っていました。まれに本数が少ない事があるかもしれませんが、箱に記載されているとおりに入っています。

 

極細タイプは、1人に1本ずつ配ったら1箱で50人分ということになります。

 

実食レビュー

ノーマルなポッキーとの違いは、細いということだけで味に違いはありません。細い分、ザクザクという食感が少なく、ポキポキという食感が強いイメージです。

 

どちらが良くてどちらが悪いということはないので、好みに応じて、選べます。

 

まとめ

あまりチョコレートが好きではないという方以外で、ポッキーが嫌いという人はいないのでは。万人受けする、万人に愛されているお菓子です。

 

さあ、11月11日に合わせてポッキーを食べよう。

いんたらくと

 

コメントを残す