【北海道】ペンギンの雪中散歩がみられる旭山動物園へ

沖縄県産の紅芋を使用!お土産で定番のタルトでもおなじみのナンポー「紅芋ちんすこう」レビュー

沖縄県産の紅芋を使用!お土産で定番のタルトでもおなじみのナンポー「紅芋ちんすこう」レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

ナンポー 紅芋ちんすこう

この記事ではナンポーの紅芋ちんすこうをご紹介します。ナンポーは沖縄のお土産用のお菓子を製造販売しているメーカーです。有名な商品としては紅芋タルトがあります。沖縄のお土産として定番となった紅芋タルトと同じく紅芋を使ったちんすこうです。ナンポーでは紅芋ちんすこう以外にも、塩ちんすこう、苺ちんすこう、パインちんすこう、塩ブラックビターちんすこうというちんすこうがあります。

内容量

内容量は8個入りです。お土産用として配るのに多すぎもなく少な過ぎもない8個入りとなっています。また、中に入っているちんすこうは一目でナンポーのちんすこうと分かるお洒落な個包装となっています。

サクサクの紅芋

沖縄の伝統的銘菓「ちんすこう」に、沖縄県北谷沖の海水をじっくり40時間煮詰めて作られた「ちゃたんの塩」を練り込み、1口サイズにまぁるく焼き上げました。沖縄県産紅芋を使用し、優しい甘さです。OKINAWANヴィンテージをコンセプトに、おしゃれな紙パッケージに仕上がっており、手土産にも最適な大きさです。

https://www.e-nampo.com/products/detail/58

ちんすこうの中にはラードの効果でしっとりとしたものも多いのですが、ナンポーの紅芋ちんすこうはクッキーのようなザクザクとしたとても食べやすい食感でした。

味は沖縄県産の紅芋が使われていて紅芋の独特な風味と甘さを感じることができます。また、アクセントとして沖縄北谷の塩も使われていて、甘しょっぱい味になっています。

紅芋はねっとりとした甘さが特徴のある芋ですが、ナンポーの紅芋ちんすこうはいつでも美味しく食べることが出来る程よい味になっていました。コーヒーや紅茶などの飲み物と一緒にお茶請けとして食べるのにも相性が良さそうです。

おわりに

公式ホームページの説明によると主にお土産用としての用途があるので、外装パッケージのデザインにもこだわりがあるそうです。どちらかといえば『ちんすこう』というよりも『クッキー』に近いお菓子として食べることができるので、多くの人が食べやすいという点において安心してお土産にすることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です