当サイトのPVができました!【動画公開中】

大豆から作ったまるでジャーキー?カバヤの「SOYJERKY」を食べてみた

まるでジャーキーのような食べ物ですが、あくまでも大豆から作られています。

はい、みなさんこんにちは。いんたらくとです。

 

大豆で作ったジャーキー

いつだったか、ネット上ではディストピア飯というものがブームになったことがありました。ディストピア飯とは、管理社会における”管理された料理”です。料理は栄養を摂取するためのもの。その世界では無機質な塊が料理として提供されます。この商品を見たときにふとそんなことを思い出したので、試しに購入してみることにしました。

 

 

 

値段のやすさが取り柄

ビーフジャーキーと比べると値段は半額の約300円で販売されていました。ビーフジャーキーの風味をこの金額で味わえるとしたら良さそうだなと思いました。

 

値段が安いだけでなく、素材としては主に「大豆」が使われているのでカロリーは控えめです。口寂しいときに食べるのには丁度よいかもしれません。味については後述しますが、化学的な味が嫌いではないという方なら十分な味でした。

 

珍しいが美味しいかは微妙

ソイジャーキーを食べるくらいなら、普通にビーフジャーキーを食べたほうが何倍も美味しいです。食べた瞬間はジャーキーの味ですが、噛めば噛むほど大豆の味や化学的なな不思議な味が染み出して来ます。ジャーキーの味を再現しようとしているのはわかりますが、ジャーキーの旨みは味わうことができませんでした。

 

それに、はじめは胡椒でピリッとしていますが、内側は甘すぎます。お菓子ではないので、甘さではなく旨味がほしいと思います。唯一褒めるとしたら、食べた瞬間の食感は確かにビーフジャーキー感を感じたということでしょうか。

 

おわりに

見た目が渋いのはジャーキーなので仕方がないとしても、味が極端に辛くて甘いのは良くなかったです。食感は本物でないので仕方がないにしても、味についてはここまで極端な味にしなくても良かったのかなと感じます。

 

雰囲気は間違いなくジャーキーなので、少し期待していましたが、残念ながらとても美味しいというものではありませんでした。好みが分かれる味なので、好きな方もいるかも知れませんが、私はもう次は買わないでしょう。

 

続きを読む >

 

どうせ同じなら、ミニサラミのほうがよっぽど美味しい。

 

コメントを残す