すすきの駅近く!おいしいリゾット専門店の「Risotteria.GAKU bis」へ

すすきの駅近く!ボリューム満点でおいしいリゾット専門のお店「Risotteria.GAKU bis」へいきました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

リゾット専門店Risotteria.GAKU bis

この記事ではリゾット専門店のRisotteria.GAKU bisをご紹介します。500円くらいのシンプルなリゾットから1500円くらいの豪華なリゾットまで様々なリゾットがあります。

 

昨日に訪れた夜パフェ専門店のパフェテリアミルとはグループ店です。リゾット専門のお店ですが、リゾットだけでなくデザートとして提供されているジェラートにも力を入れているそうでしたが、今回は食べませんでした。

 

札幌の夜はシメパフェ?夜パフェ専門店「パフェテリア ミル」へ行く

 

場所

大通駅とすすきの駅の間の非常に栄えているエリアの雑居ビル2階にあります。目印としては道路を挟んで反対側の雑居ビルの地下にスープカレーで有名な「GARAKU」があります。あまりに長蛇の列ができていたので

 

地下歩行空間には隣接していませんが、すすきの駅からは歩いて約5分なのでそこまで遠くはありません。

 

 

道産牛のローストビーフリゾット

今回は奮発して本日のおすすめの「道産牛シンシン」お皿の周りはバジルで飾りつけられていました。味調整用のバジルなのでスプーンで必要な量を削って使います。バジル風味のリゾットの上には道産牛のシンシンのローストビーフがたくさんトッピングされていました。バジル風味の柔らかいご飯と簡単に噛み切れるほどの柔らかい肉質の道産牛のローストビーフはとても相性が良いです。わさびのツーンという刺激がちょうど良いアクセントになっていました。

 

ところで、「シンシン」とはなんだかパンダのような名前です。初めて聞く名前だったので調べてみると、シンシンはもも肉の一部で焼き肉やローストビーフに使われる希少な部位だそうです。

 

おわりに

リゾットの中でもお値段が特にお高めでしたが北海道の恵みをしっかりと享受できた気がします。リゾットはボリュームが少なそうに感じますが、トッピングがしっかりとしているメニューやとどのリゾットもプラス数百円で焼きチーズトッピングをすることができます。

 

コメントを残す