フィリピン航空の娯楽設備

フィリピン航空は、手持ちのスマートフォンにアプリを入れると映画が見れます。先に言ってくれ・・・。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

【フィリピン2016その8】2016年2月29日(月)

期間:2016年02月27日~3月01日

訪問先:フィリピン共和国

 

www.iitxs.com

 

 

チェックアウト

 

下のフロアのカーテンが半分開いているところが今回泊まった部屋です。

 

 

OCEANPARKのショーの時間は、アシカショーが午前11時・午後3時・午後5時で、光と水のショーは午後6時30分からです。各ショーはH2Oホテルの陸側の部屋から見えます。

 

帰国

使用機材

便名:PR432

登録番号:PR-C8760

モデル:A330-343E

運用開始:2014/04~

 

flyteam.jp

 

 

機内食

 

内容はご飯と肉、野菜、マカロニサラダ、パン、ケーキでした。ケーキは空港の制限区域に出店していたお店のものでした。

 

フィリピン航空の娯楽設備

事前にアプリをインストールしておくことで、手持ちのスマートフォンやタブレットでインターネットを使用したり映画や音楽を視聴したりできます。公式サイトの作りが手抜きなことやアプリの提供元が違うのはご愛嬌ということでお願いします。

 

アプリ

iOS版「myPAL Player」
myPAL Playerを App Store で

 

Android版「myPAL Player」

myPAL Player – Google Play の Android アプリ

 

※視聴できる映画の一覧はフィリピン航空公式サイトのmyPAL Playerをご覧ください。

 

今回は・・・

今回は事前にアプリを入手していなかったので、映画は視聴できませんでした。空港のターミナルのWiFiも整備されていないので、出発前にダウンロードしておく必要があります。

 

 

インターネット通信は、利用登録することで15MB分が無料で通信できるようになっていました。利用登録は機内で簡単にできます。

 

 

途中で映画の視聴について聞いてみたところ、やはり事前に専用アプリをダウンロードしないと見れないとのことでした。

 

残念ながら、飛行中の機内ではどうしようもありません。

 

 

メールを2~3通チェックして、ニュースサイトを見たら15MBに到達してしまいました。通信速度はWEBサイトを開くには支障の無いレベルでした。

 

座席に画面がついていないので、このサービスは便利です。これからは画面は付けずに無料の機内Wi-Fiを売りにする流れになるのかもしれません。

 

 

マップのとおり、成田空港はまだまだ遠いので、一眠りします。

 

成田空港に着陸

 

気がついたら千葉県の上空を飛行していました。

まもなく着陸です。

 

 

トラブルなく無事に日本に帰ってきました。めでたしめでたし。

 

www.iitxs.com