【1年間無料】楽天モバイルのRakuten Wifi Pocketを使ってみました!

韓国版の”万里の長城”と自然豊かな南漢山城ハイキング

ソウルを防衛する長城の南漢山城へ行きました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

【韓国2016その6】2016年7月2日

期間:2016年06月30日~7月03日

訪問先:大韓民国

南漢山城

南漢山城は、ソウルから南東に約25km離れた広州市南漢山城面山城里に位置しており、京畿道広州市、河南市、城南市 にまたがっている。

南漢山城 – Wikipedia

詳しい説明はWikipediaをご覧ください。(手抜き!)

入り口

ガイドブック「地球の迷い方」情報では終点のバス停が最寄りということになっていたが、バスの運転手さんが一つ手前で「ここ」というので降りたら、歩いてすぐのところに最初の門に到達!!(現地の情報が最強!!)

ガイドブック記載の順路とは別方向から回る事になりました。

至和門(南漢山城 南門)

上の門の写真で、右に行けば観光ルートらしく人が多めで、左に行く人はほぼいない状況の中、右に・・・行かない!というわけで左に進みました。

第1・第2南蓋城

蝶の後ろに仕切りのシートがかかっていますが、修復工事か何かを行っているらしく、横の方に土の付いた瓦が積んでありました。

そのまま先に進み、

上の写真のところで引き返しました。

引き返した時に、修復作業中のところに看板があることに気づいて撮りました。順路から600mほど逆方向に進んでいたようです。

見晴台(迎春亭)

至和門まで戻り、順路通り進むと見晴台があったので、そこで小休止しました。

そのまま進んで、

外側から城壁を撮影しました。このあたりから人が多くなってきました。

南漢山城

歩いていくうちに突如現れた謎の建築物こそが、南漢山城でした。

右翼門(南漢山城 西門)

修復作業中で、足場が組まれていました。

全勝門(南漢山城 北門)

観光マップ

ガイドブックのルートでは、この観光マップが最初に見れる道順になっていました。

小さな川を越えていきます。

山城ロータリー

ついに、ガイドブックの始点、山城ロータリーに到着しました。

ユネスコ世界遺産に登録されたことを示す石碑もありました。

バスのりばの目の前にあるコンビニでトロピカルフレーバーのリプトンを入手しました。

ちょうど来たバスはかなり混んでいたので、バスを1本見送ってから乗ると、行きと同じバスの運転手さんが運転するバスでした。(びっくり)

今すぐ最安値を検索してみよう。楽天トラベルでは楽天ポイント、じゃらんではPontaポイント還元でお得に予約できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です