チェジュ航空(JEJU AIR)で韓国へ&草間彌生のパンプキン(黄色)

韓国のLCC『チェジュ航空』にて韓国経由でグアムへ。経由地の韓国に着いたら前回はまだ完成していなかったパラダイスシティに草間彌生のパンプキンを見に行きました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

グアム旅行記2017 その1
日時 2017年9月7日(木)
場所 日本/東京→韓国/仁川
期間 2017年9月7日~9月11日
目次 グアム旅行記2017

成田空港のマクドナルド限定

成田空港のマクドナルドではタワーサイズのソフトクリームを販売していました。ちょうど肌寒くなってきた時期の今は注文している人は見かけませんでしたが、どれくらいの大きさなのか気になります。値段的には倍の量を期待できますが・・・??

 

金属探知機はもう古い!時代はボディスキャナーへ

チェジュ航空はLCCなので第3ターミナルから出発します。保安検査場の検査機は昔ながらの金属探知機ではなく、その場で360度回転すると全身が撮影されるボディースキャナーが設置されていました。

 

羽田空港国際線ターミナルを運営する東京国際空港ターミナル(TIAT)と、成田空港を運営する成田国際空港会社(NAA)は3月29日、保安検査にボディスキャナーの導入を開始した。それぞれ、国際線の出発客を対象に検査する。

出典 羽田と成田、ボディスキャナー導入 国際線で

 

2017年3月29日から羽田空港と成田空港の国際線で導入されたもののようです。ボディスキャナーで撮影すると、人形型のイラスト内に金属がある部分が表示される仕組みになっていて、従来と異なり全身を触って確認するよりも検査にかかる時間は短くなっていました。もともと第3ターミナルの出国審査はとても短時間で済むので、保安検査の時間も含めて搭乗までの手続きにかかる時間はだいぶ短くなりました。

 

チェジュ航空(JEJU AIR)7C1105便

  • 便名:7C1105
  • 型式:Boeing 737-82R
  • 機体番号:HL8263
  • 登録:2012/11

機体記号 : HL8263 (チェジュ航空) 徹底ガイド | FlyTeam(フライチーム)

 

座席はLCCにしては薄くないのが嬉しいです。シートピッチが若干狭いフルサービスキャリアの国内線エコノミークラスと同じくらいでした。先頭や非常口付近は有料で販売されているので、どうしてもという方はそちらの購入も可能です。ちなみに、今までで最薄だったのはピーチで、後ろの席の人にペットボトルをシートポケットにねじ込まれると最高な気分を味わえます。

 

JEJU AIRでは大きかったり重い荷物は持ち上げるのを手伝っていました。日本でLCCが普及し始めた頃に問題になりましたが、個人的には、重い軽いに関係なく持ち上げるのに手間取っている乗客がいたら、手伝ったほうが全員が素早く着席できるのでは?と思います。

 

機内販売もありますが、ミネラルウォーターは無料です。寝ていたらあっという間に仁川国際空港に到着しました。LCCなのに軽食が提供されるJIN AIRよりは劣りますが、シートはペコペコ、水すら有料の日本のLCCよりはサービスが上だといえます。

 

サテライトターミナルに到着

仁川国際空港ではサテライトターミナルのボーディングブリッジに到着しました。本館への列車は5分間間隔で往復しています。

 

入国審査・手荷物受取場はサテライトターミナルに到着した人ももれなく本館の設備を利用するので、時間帯によってはとても混雑します。

 

草間彌生のパンプキン(黄色)

2017年4月20日に開業した、仁川国際空港すぐ近くにある『パラダイスシティ仁川』には草間彌生の南瓜が展示されています。次のフライトまで時間があったので立ち寄って来ました。

 

奥にはカジノの入り口が見えます。外国人専用のカジノで日本語対応が可能なスタッフもいるそうです。仁川国際空港の到着フロアにあるパラダイスシティカウンターでは70000ウォン相当の『カジノ体験券』が配布されているので、旅行者は気軽にカジノ体験をすることができます。

このカジノは外国人専用だ。そのため入場にはパスポートの提示が必要になる。日本語

対応が可能なスタッフもいるため、初心者でも安心だ。

全文表示 | 仁川空港そばに巨大カジノリゾートオープン 「パラダイスシティ」に行ってきた : J-CASTトレンド

 

チェジュ航空(JEJU AIR)7C3106便

さて、空港に戻りました。フルサービスキャリアの場合は、第三国経由で目的地に向かう場合でも出発地でまとめて発券することが可能です。ところが、LCCのチェジュ航空ではまとめて発券されないので、入国しない場合は『トランジット用のカウンター』、入国する場合は『出発フロアにあるカウンター』で改めて発券してもらう必要があります。

 

乗り継ぎ客が多い仁川国際空港には旅行者が無料で文化体験できるコーナーが用意されています。フライトまでの時間を潰すのにそこそこ人気があるようです。また、韓国はラウンジが充実しているので、そちらで時間を過ごす方も多いかもしれません。

 

  • 便名:7C3106
  • 型式:Boeing 737-8AL
  • 機体番号:HL8033
  • 登録:2015/05

機体記号 : HL8033 (チェジュ航空) 徹底ガイド | FlyTeam(フライチーム)

サテライトターミナルから出発だったので、出国審査後に再び連絡列車に乗って移動しました。離陸後1時間ほどで九州の上空を通り、目的地のグアムには深夜2時頃に到着する見込みです。