無料送迎バスで万座温泉日進舘の運営する嬬恋牧場へ

「万座温泉日進舘」の運営する嬬恋牧場のレストハウスで高原牛乳ソフトクリームを食べました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

万座温泉訪問記2017 その5
日時 2017年7月1日(土)
場所 群馬県嬬恋村・嬬恋牧場
期間 2017年6月30日~7月1日
目次 https://www.iitxs.com/tag/manza2017

朝食

朝食は、白米や玄米おこわ、シリアルとパンと多くの人が主食とする食材が用意されていました。昨晩に引き続き、和食を中心としたビュッフェスタイルでした。食後はしばらくのんびりと部屋で休んでいると、あれよあれよと言う間にチェックアウトの時間になってしまいました。嬉しいことにチェックアウト後も自由に温泉に入ることができるので、チェックアウトした後に露天風呂へ向かいました。

 

嬬恋牧場・愛妻の鐘

万座温泉よりもさらに山の上にある活火山の『白根火山』へ向かおうと思ったら、朝からしとしとと雨が降っていて霧が濃かったので、『嬬恋牧場』に行くことにしました。万座温泉からは約8kmあり、路線バスで移動すると約300円ほどかかりますが無料送迎バスが出ていますので、無料で移動することが出来ました。

 

嬬恋牧場には『愛妻の鐘』という嬬恋村の観光名所の『鐘』が併設されています。夫婦で訪れたら、ぜひ鐘を鳴らしてみてください。”家庭寒冷化”現象に改善の兆しが見られるようになるかもしれません。

 

晴れていれば見晴らしが良かったと思いますが、この濃霧ではレストハウス内で過ごすのが良さそうです。それにしても山は寒い。なんと建物の中は暖房が効いていました。

 

この場所よりも標高の低い万座鹿沢口駅前の温度計で17度。そのころ東京では最低気温が22℃で、最高気温は25℃でした。最大で10℃も気温差があれば寒く感じるのは当然です。もし、これから行かれる方は服装には十分に注意してください。東京とは大きな気温差があるのでかなり寒いです。

 

嬬恋牧場の登場するPV

雨と霧ではいまいち魅力が伝わらないと思いますので、晴れた日に撮影された嬬恋村のプロモーションビデオ『妻との時間をつくる旅』をご覧ください。(約2分)

 

周辺のロケ地

都心からも気軽に来れる距離にある大自然という資源を活かして、ロケ地としても人気があるようです。嬬恋村の周辺には映画やテレビ番組でロケ地として使用された場所が点在していました。過去にはレミオロメンのPVやAIKOのPVなど、歌手のプロモーションビデオ撮影も行われたことがあるようです。

 

 

高原牛乳とソフトクリーム

牧場のレストハウスでは食事もできるようになっていましたが、中でも人気なのは、「高原牛乳ソフトクリーム」と「高原牛乳」のようでした。訪問した人はどちらかは必ず注文しているのではないかというくらいの感じでした。

 

迷わずソフトクリームを注文しました。

 

ちなみに、ソフトクリームは370円で、牛乳(中)は310円、牛乳(大)は360円です。券売機の上に乗っているジョッキが、牛乳のサイズ見本です。大を注文すると豪快に牛乳を飲むことができそうです。

 

とっても口溶けの良いソフトクリームでした。甘さ控えめで牛乳感が美味しいソフトクリームです。ソフトクリームはコーンの底までたっぷりと入っていました。

 

それにしても、暖房の効いた部屋で冷たいものを食べるのは最高です!!

 

牧場のレストハウス前にあるバス停から、1日数本しかないバスに乗車して駅まで向かいます。あとは行き来た道を引き返すだけです。今回で万座温泉訪問記は終了します。ありがとうございました。また次回の旅にご期待ください。

 

コメントを残す