洗って使える無印良品の布マスクを使ってみました!

快適な観光バスと安価な路線バス!札幌駅から定山渓温泉へ行く方法

快適な観光バスと安価な路線バス!札幌駅から定山渓温泉へ行く方法

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

札幌駅から定山渓温泉までバスで行く

札幌駅から定山渓温泉まで向かうにはバスで移動します。昔は定山渓鉄道という鉄道が走っていたのですが、現在は廃止され有りませんのでバスで移動するのが最も手頃です。バスは通常の『路線バス』と予約制観光バスの『定山渓かっぱライナー』の2パターンがあります。路線バスの車両で運行されるのか大型バスで運行されるのかという違いで、いずれも所要時間はほぼ変わりません。

 

路線バスは『快速7・快速8』、『定山渓温泉行き』、『豊平峡温泉行き』のいずれかに乗車します。路線バスなのでまちなかの停留所に止まりながら、徐々に山の中に入っていきます。定山渓かっぱライナーは停留所には止まらずにまっすぐ定山渓温泉までいわゆる大型の観光バスで運行されます。運賃は路線バスのほうが安いですが、定山渓かっぱライナーは収納スペースも広いので大きな荷物を持ち歩いているときにも安心です。

 

種別 運賃
路線バス 790
定山渓かっぱライナー 960

 

札幌駅前バスターミナル

定山渓かっぱライナーは事前予約制で到着時間がずれる恐れがあったので、今回は通常の路線バスで札幌駅から定山渓温泉まで向かうことにしました。定山渓温泉よりももっと山奥にある豊平峡温泉行きのバスでした。

 

至って普通の路線バスですがこれから1時間近く乗車します。途中で少し混み合っていましたが、市街地の外れまで来るころにはまた少なくなっていました。山の中に入っていきます。定山渓温泉の前を通る道路は、札幌から洞爺湖方面へ最短で向かうことができる主要な道路なので、山の中にあると言っても通る車の通りはかなり多いです。

 

定山渓温泉

定山渓温泉付近になると細かく停留所が設置されています。定山渓の温泉街の中を1周回ってもとの道にもどります。最寄りのバス停で降りそびれた場合はもとの道に戻ってから降りたほうが便利かもしれません。

 

おわりに

大きな荷物がある場合は定山渓かっぱライナーがおすすめです。特に荷物も無いよという方は安くて本数も多い路線バスがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です