【紅葉】山梨県の紅葉の名所 昇仙峡へ行ってみた!

中札内にある六花の森併設の「六’Cafe(ロッカフェ)」でビーフシチューと出来立てバターサンドを食べる

中札内にある六花の森併設の「六’Cafe(ロッカフェ)」でビーフシチューと出来立てバターサンドを食べる

はい、皆さん。いんたらくとです。

六’Cafe(ロッカフェ)

六’Cafe(ロッカフェ)は中札内にある六花の森に併設されている六花亭直営のカフェです。六花の森では六花亭で使われている包装デザインの世界観を再現した季節折々の草木花が見られる庭園です。自然豊かな空間でとても癒やされるのですが、順路が結構長いので見て回るとさすがに休憩をしたくなります。そうした声を見越したかのように出入り口のすぐ横にあります。

セルフサービス形式

六花亭の直営店に併設されている喫茶コーナーではレストランと同じく注文したら運んできてくれる通常方式ですが、ロッカフェはセルフサービスのお店です。レジで注文して会計すると隣にある受け取り口から商品が渡されます。

店内が広くて空間的にも余裕があることで運搬中に他の人とぶつかってしまう心配も少なく、また注文できるメニューが他の六花亭直営店の喫茶コーナーと比べるとかなり限られているので、注文をじっくりと考える必要もないということでセルフサービスにおちついたのかなと思います。

名物のビーフシチュー

2週間じっくりと煮込んだオリジナルデミグラスソースと士幌牛を合わせることで豊かな味に仕上がりました。ライスまたはパン付きで提供します。

https://www.rokkatei.co.jp/shop/cafe/

昼食として食事を取りたかったので、六花亭名物のビーフシチューを注文しました。ロッカフェ限定品ではなく、六花亭の喫茶コーナーでも食べることができます。じっくりと煮込んで作られたデミグラスソースはパンでもライスでもとても美味しく食べることができます。酸味と甘さと具材それぞれの旨味が程よく混ざり合っています。

作りたてのマルセイバターサンド

マルセイバターサンドといえばしっとりとしたクッキーと濃厚なバタークリームが特徴のお菓子です。工場で作られたばかりの出来立てマルセイバターサンドはサクサクとしたクッキーとまだ落ち着いていないラムレーズンの強い香りが楽しめる豪華版になっています。

まったく素材は同じなのに、製造からの経過時間よって味が異なります。一度食べてしまうと出来立てバターサンドの美味しさの前には通常のバターサンドは歯が立ちません。

六花亭のポイントサービスでコーヒーを引き換えしました。このときはコーヒーを引き換えて満足していたのですが、まさかの後々にこの飲んだコーヒーの分だけポイントが足らなくなって困ったというのは先の話です。

六花亭のポイントをためている方はポイントの使用タイミングを間違えると大変なことになるのでご注意ください。

おわりに

ロッカフェは六花の森を見て回って疲れた頃に目の前に現れる謀ったかのようなカフェです。六花亭の直営店併設の喫茶コーナーで食べられる定番メニューと菓子製造工場の真横にあるからできるスペシャルメニューがあります。ロッカフェを訪れた際にはぜひ定番メニューだけでなくロッカフェだけの『出来立てお菓子』を食べてできたての美味しさを体験してみるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。