【北の大地】ディーゼル機関車が代走する冬の湿原号

ベイブリッジとアクアラインを通る高速バス!横浜駅東口から羽田空港経由で「君津バスターミナル」まで移動する

ベイブリッジとアクアラインを通る高速バス!横浜駅東口から羽田空港経由で「君津バスターミナル」まで移動する

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

君津まで高速バスで移動する

横浜から君津へ移動するのは高速バスが便利です。京浜急行バスと日東交通の共同運行で、おおよそ2時間に1本の頻度で運行されています。大半は『君津バスターミナル・館山行き』ですが、時間によっては『君津駅南口行き』もあります。『君津バスターミナル・館山行き』は君津駅に停車しないので注意が必要です。なお、横浜駅東口から君津へ向かう高速バスは途中で羽田空港にも立ち寄りますが、空港では下車することはできません。空港まで移動する場合は空港行きを利用してください。

交通系ICカードの利用が可能です。交通系ICカードで乗車する場合はそのまま乗り込んで下車時に精算します。

interact編集部セレクション
航空券・新幹線の予約がまだの方!今すぐお得な交通手段を比較してみませんか?

運賃

横浜発区間大人小児
木更津羽鳥野1,600円800円
君津バスターミナル1,700円850円
富津浅間山2,000円1,000円
ハイウェイオアシス 富楽里2,600円1,200円
とみうら 枇杷倶楽部2,600円1,300円
館山駅前2,600円1,300円
運賃表

横浜駅東口から君津バスターミナルや君津駅までの運賃は大人1700円、小児850円です。途中の羽田空港から乗車する場合は300円安くなります。ただし、横浜と羽田空港間の電車賃は364円なので、横浜から移動するのであれば初めから高速バスに乗車になります。横浜から移動する場合は横浜駅東口から高速バスに乗車するとお得かつ快適に移動するのでおすすめです。

2つの橋を渡る高速バス

君津高速バスの乗り場は分かりにくいこともあるのですが、路線バスも多く発着している『横浜駅東口バスターミナル』から出発します。乗り場に迷う心配はありません。事前予約は特に無く座席も含めて先着順です。混雑しているときは隣に人が来ることもあり得るのですが、このときは2席で1人程度の人数が乗車していました。

座席にはUSB充電ポートが設置されている車両だったので、充電を気にすることなくスマートフォンを操作することができます。

港の見える丘公園

横浜駅東口を出発して高速道路に入るとまずは1つ目の大きな橋である横浜ベイブリッジへと向かいます。横浜ベイブリッジに向かう途中には桜やイングリッシュローズガーデンで人気のある観光スポットの港の見える丘公園がありました。

みなとみらい地区

横浜ベイブリッジを通っていると進行方向左方向にみなとみらい地区が見えました。横浜マリンタワーや横浜ランドマークタワーというような目印になる建物が確認できました。

羽田空港からも乗車可能

羽田空港で各ターミナルを順に回って乗客を拾います。羽田空港は乗車専用の停留所なので下車することはできません。横浜から羽田空港で下車したい場合は別路線として空港行きがあるのでそちらを利用する必要があります。乗り込む人しかいないので、乗り降りでバタバタすることはありませんでした。

羽田空港から乗車する方を乗せると東京湾アクアラインへと向かいます。東京湾アクアラインは渋滞の影響を受けてかなりノロノロと走る瞬間もありました。

東京湾アクアラインは東京・神奈川側は地下トンネルで、千葉県側は橋になっています。地下トンネルを通過しているときの景色は壁が延々と続くだけなのであまり良いとはいえませんが、中間地点の海ほたるを通過すると東京湾を一望することができます。海が広がっているだけで特に何か見えるわけではありませんが、トンネルと比べるとずっと開放感があって良い景色です。

君津バスターミナルに到着

定刻よりも10分ほど遅れたものの無事に君津バスターミナルに到着しました。東京湾アクアラインを通っているときはかなり渋滞に巻き込まれてのろのろと走行していたので、到着時間が遅くなるかと心配をしていました。しかし、到着時間はある程度渋滞を見越した余裕を持った時間で設定されているので、時刻表の表示では遅れが少なく済んでいました。高速バスは「渋滞に巻き込まれると遅延が読めない」という心配をする方もいるかもしれませんが、この路線に関してはすでに渋滞は織り込み済みになっているので、時刻表の時間から遅れが激しく増えることはあまりなさそうです。

乗ってきたバスが次の停留所へと出発して行きました。君津バスターミナルに到着したバスのうち、君津駅南口行きのバスはしばらく下道を走って駅まで移動するのですが、君津バスターミナル・館山行きのバスは君津駅には寄らずにそのまま再び高速に乗って次の停留所へと向かいます。

おわりに

座席にはUSB充電ポートもついていたので、充電しながら着席して快適に移動することができました。すべて鉄道で移動するとなると東京湾をぐるっと一周することになってしまうので、横浜から君津まで公共交通機関で移動するなら高速バス一択です。

interact編集部セレクション
航空券・新幹線の予約がまだの方!今すぐお得な交通手段を比較してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です