【北の大地】ディーゼル機関車が代走する冬の湿原号

熱海駅前の仲見世商店街にある!海鮮丼を提供する定食処「KICHI+」で生しらすとゆでしらすの二色丼を食べる

熱海駅前の仲見世商店街にある!海鮮丼を提供する定食処「KICHI+」で生しらすとゆでしらすの二色丼を食べる

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

駅前の定食処 KICHI+

KICHI+は駅前の仲見世商店街にある定食処です。昭和の雰囲気が残る商店街の中では程よく入りやすいお洒落な雰囲気の外観です。系列店にコーヒーやお茶を提供するカフェもあるようなのですが、こちらのお店はあくまでも定食を食べられる食事の為のお店です。地元伊豆の海産物を使った丼ものの定食を食べることが出来ます。

名物のしらす丼

名称価格
ゆでしらす丼(ゆでしらす)1,100円
しらす丼(生しらす)1,200円
二色丼(ゆでしらす、生しらす)1,200円
三色丼(ゆでしらす、生しらす、ゆで桜えび)1,300円
KICHI+ しらす丼価格表

名物のしらす丼は生しらすと釜揚げしらすを選ぶことが出来ます。ちなみに、一番の人気はしらす丼で、お店のおすすめは三色丼だそうです。ぷるっとした新鮮さを味わうには生しらすの入った『しらす丼』がおすすめです。

生とゆでの二色丼を注文

生しらす丼と二色丼のどちらにするかを悩んだ結果、最終的には二色丼を注文しました。

個人的に味としてのみ比べた時には、生しらすよりもゆでしらすのほうが甘みがあって美味しいと感じました。ただ、ゆでしらすは生しらすと比べるとずっと気軽に食べられるので、せっかくの訪問の記念に食べるならやはり生しらすは捨てがたい者があります。

おわりに

海の街を訪れたことの記念として食べるなら生のしらすが入った『しらす丼』一択ですが、味で選ぶなら『ゆでしらす丼』をおすすめします。どちらも食べ比べてみたい方は二色丼や三色丼を選ぶと良いかもしれません。しらすは小さいといえども魚なので、お刺身などの生魚が苦手な方はゆでしらす丼を選ぶと良いと思います。

interact編集部セレクション
【全国旅行支援】ホテルの予約がまだの方!セールやキャンペーンの詳細を確認して、今すぐお得な宿泊先を探しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です