【北の大地】ディーゼル機関車が代走する冬の湿原号

台湾風の顔より大きな唐揚げ!中華街にある横濱炸鶏排本店の「大鶏排(ダージーパイ)」を食べる

台湾風の顔より大きな唐揚げ!中華街にある横濱炸鶏排本店の「大鶏排(ダージーパイ)」を食べる

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

横濱炸鶏排本店

横浜中華街にある横濱炸鶏排本店を訪れました。横濱炸鶏排本店は大鶏排(ダージーパイ)や炸鶏排(ザージーパイ)と呼ばれる台湾風の唐揚げを提供するお店です。本場の台湾では夜市の屋台で販売しているいわゆる『屋台飯』のひとつで、目の前で揚げた熱々の状態で提供されます。

台湾唐揚の価格

品名価格
台湾唐揚540円
台湾唐揚ひとくちサイズ・M540円
台湾唐揚ひとくちサイズ・L780円
横濱炸鶏排本店 メニュー

台湾唐揚と記載されているものが大鶏排のことです。台湾ポテトや素揚げした台湾天ぷらというサイドメニューもありましたが、ここに来て食べるべきメニューは台湾唐揚です。台湾唐揚と台湾唐揚ひとくちサイズは大きさが違うだけで味は同じです。

大鶏排(ダージーパイ)を食べてみた

顔と同じかそれ以上の大きな唐揚げです。コンビニで取り扱われているホットスナックのチキンとは比べ物にならないインパクトのあるサイズ感でした。ちなみに、紛れもなく揚げたてなので内部はとても熱いです。外側にほんのりとぬくもりがある程度でも中はかなり熱いので、食べるときには少しずつ食べることをおすすめします。

塩胡椒が効いていてサクサクとした食感が美味しい唐揚げです。本場台湾では大鶏排を作る時に様々なスパイスを使用するようですが、こちらは日本バージョンにアレンジされた食べやすいあっさりとした味付けになっています。とにかくサイズが大きくてSNS映えもする唐揚げでした。色々なメニューを食べ歩きする予定のときは、同行者とシェアして食べるのも良いかもしれません。

おわりに

シェアするならひとくちサイズも便利ですが、鶏肉を薄く叩いて伸ばした大きなサイズということに価値があるので、通常サイズのほうがおすすめです。横浜中華街郵便局の前にあるので、郵便局を目印に訪れると迷いにくいと思います。横浜中華街を訪れた際にはサクサクの揚げたて大鶏排をぜひ食べてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です