【北海道】ペンギンの雪中散歩がみられる旭山動物園へ

蒲田・雑色エリアにある黒湯天然温泉!露天風呂もあるスーパー銭湯「ヌーランドさがみ湯」を訪れる

蒲田・雑色エリアにある黒湯天然温泉!露天風呂もあるスーパー銭湯「ヌーランドさがみ湯」を訪れる

はい、皆さんこんにちは。日常生活が楽しくなる情報をお伝えすることを心がけている、旅する写真家のいんたらくとです。

天然温泉ヌーランドさがみ湯

今回は天然温泉ヌーランドさがみ湯を訪れました。天然温泉ヌーランドさがみ湯は蒲田エリアにあるスーパー銭湯です。京急線雑色駅から徒歩約5分の住宅街の中にあります。駅前は商店街になっていて多くの人が歩いているのですが、バス通りに差し掛かると徐々に人が少なくなっていくので道があっているのか心配にもなります。なんとなく人の流れについていくとヌーランドさがみ湯の前に到着しました。

interact編集部セレクション
航空券・新幹線の予約がまだの方!今すぐお得な交通手段を比較してみませんか?

入湯料

区分全館利用入浴のみ
大人1250円~1550円520円
小人600円200円

ヌーランドさがみ湯は銭湯としての利用とスーパー銭湯としての利用で料金が分かれています。休憩スペースや食事処を利用するには全館利用となり、大人1250円~1550円、小人は600円です。一方で、入浴のみで他の施設を利用しない場合は、東京都の定める公衆浴場の入浴料である520円で入ることができます。利用目的に応じて料金が分かれているので、お風呂だけでも気軽に訪れることができます。ちなみに、別料金で利用することができるサウナも設置されています。

黒湯の露天風呂に入れる

天然温泉の黒湯に入るために訪れたので入浴のみで利用しました。浴室は広くていくつもの浴槽が並んでいます。いわゆる温泉宿の温泉の部分だけを抜き出したかのような空間が広がっています。洗い場にはボディソープが設置されているので、タオルのみ持っていけば最低限洗うことが可能となっています。手ぶらセットという貸しタオルもセットになったプランもあるのでふらっと立ち寄ってもお風呂に入ることができます。

天然温泉の黒湯が使われているのは露天風呂と浴室内の大風呂です。露天風呂といっても住宅街にあるという立地の関係で景色は観葉植物と柵しか見えませんでしたが、浴室の湿気の高い空気と比べると外気は清々しさがあって快適です。ヌーランドさがみ湯の温泉はモール泉とも呼ばれている黒湯です。蒲田周辺では黒湯に入ることができる銭湯がいくつも点在しているのですが、場所によって若干濃い薄いがあります。ヌーランドさがみ湯で使われている温泉は真っ黒ではなく若干薄めの茶褐色でした。

おわりに

天然温泉ヌーランドさがみ湯は、蒲田エリアにあるスーパー銭湯です。入浴のみの場合は、傾斜のついた座り心地の良い椅子などが設置されてる2回の休憩スペースは利用することができないので、ロビーの片隅が湯上がりの小休憩をして帰路につきました。入浴のみであれば公衆浴場の料金で入ることも可能となっています。一般的な公衆浴場と比べると広いのが特徴で、公衆浴場料金で入ることができるのはとってもお得です。気軽かつお得に黒湯の露天風呂に入りたいという方にはおすすめです。

interact編集部セレクション
航空券・新幹線の予約がまだの方!今すぐお得な交通手段を比較してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です