Amazonから対象商品がダッシュで届く「Amazon Dash Button」レビュー

今回はAmzonから対象商品がダッシュで届く不思議なボタンについてレビューします。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

Amazon Dash Buttonとは?

Amazonをもっと生活に組み込む素敵なボタンがAmazon Dash Buttonです。2016年末に日本でもサービスがスタートしました。本家のアメリカではもっとたくさんの対象商品がありますが、日本では数十種類でスタートしました。

ボタンを「ぽちっ」。お気に入りの商品が少なくなったと気づいたら、ボタンを押すだけで商品をお届けします。Wi-Fiに接続し、iPhoneやAndroidスマートフォンのAmazonショッピングアプリからお気に入りの商品を設定するだけ。あとは必要な時にDash Buttonを押すだけで注文ができます。新しい買い物スタイルをご体験ください。

Amazon Dash Button お気に入りの商品をワンプッシュで

フックに引っ掛けておいたり、裏面のゲル粘着シートで壁に貼り付けておいたりすることができる便利なボタンです。ただし、無線環境とスマートフォン及びAmazonアプリが必須です。また、プライム会員である必要があります。

 

あわせ買い商品との関係

Dash Buttonの対象商品には「あわせ買い」対象商品があります。あわせ買いとは、あわせ買いの対象商品が低額に設定されている代わりに、同一会計で合計2000円を超えないと購入すらできないシステムです。ここ最近では多少改善されており、商品によっては「あわせ買い価格」と「単品価格」で別商品として販売されていることもあるようです。例外はともかく、Dash Buttonを使用しても「合計2000円未満」では商品が発送されない・届かないかもという疑問が浮かびました。

結論は、「心配不要」でした。価格は微妙に異なりましたが、Dash Buttonを使用することで単品購入ができるようになっています。在庫の設定も通常商品とは別扱いのようで、サイト上から見ると「在庫がない」「数週間以内にお届け」になっていても、Dash Buttonを押したものに関しては速やかに発送されました。

通常の検索では「あわせ買い」 商品として設定されている商品も「Dash Button」対象商品ならば単品で購入することができます。

 

Dash Buttonの価格

Dash Buttonの販売価格は500円です。しかし、初めてそのボタンを使用してDash Button対象商品を購入すると、その商品の価格から500円が差し引かれるので、実質無料です。ちなみに、500円未満のDash Button対象商品を購入した場合は、別の機会に通常商品を購入した時に差額が充当されました。

つまり、Dash Buttonの価格は「500円引きクーポン付きの500円=実質無料」です。ボタンコレクションされると困るので実質無料という形を取っているのだと思われます。

 

開封の儀

まずはAmazon Dash Buttonが当日お急ぎ便にてダッシュで届きました。

 

覗き窓からどのボタンを購入したのか分かるようになっています。私は「エリエール Dash Button」を購入しました。

 

蓋をあけるとででーんと鎮座しています。箱の底に説明書とスタートガイドが入っています。

 

スタートガイドはアプリをインストールするところから始まります。すべての工程に図がついているので設定方法に困ることはありませんでした。おそらく、スマートフォンやインターネットショッピングが苦手な人が使用することも想定しているのでしょう。

 

あなたにおすすめのボタン

「Amazon Dash Buttonを使ってみたい」という方向けに、この商品なら購入する機会がありそうというボタンを選んでみました。ここでは万人受けしそうで、お試しに使用するのに向いているボタンを選んでいます。紹介しているボタン以外にも派閥の分かれそうなシャンプーや洗剤が展開されています。

Amazon Dash Button お気に入りの商品をワンプッシュで

 

エリエール Dash Button

私も購入したボタンです。エリエールは大王製紙の展開する紙製品のブランドで、ティッシュペーパーを思い浮かべる方が多いと思います。Dash Buttonでは「ティッシュ」だけでなく「トイレットペーパー」も購入できます。しかも、対象商品は300円台からと気軽にお試しできます。本体の重量は軽めですが、うっかり忘れると大変な品々が購入できます。

 

 

サントリー天然水 Dash Button

言わずもがな。サントリーの天然水は日頃から使用されている方も多いのではないでしょうか。お酒の水割りに使ったり、震災対策で定期的に入れ替えながら保管されていたりするのではないでしょうか。持ち運ぶには重いのでワンプッシュで玄関前まで運ばれてくるのはメリットです。

 

 

ネスカフェ Dash Button

こだわりのある人がいれば、こだわりのない人もいる商品。インスタントコーヒーです。私は紅茶派なので需要はありませんが、コーヒーの種類やブランドにこだわりはないけどカフェイン切らすと大変という方に向いています。

 

 

対象商品がダッシュで届く

初期設定には無線LANのパスワードが必要だったので慌てて用意しました。設定する商品はいくつかの中から選ぶことができるのですが、「ボタンが来たら設定する商品」は予め決めておいたので、5分以内で注文できるように設定完了しました。

 

あなたはこの配達員の方がダッシュで届けてくれるボタンを押さないでください。押してはいけません。絶対に押さないでください。という振りのあとに、ボタンを押しました。よくあるパターンですね。

 

エリエールはエリエールでも何を購入したのか・・・ボタンを押した翌日に届いたのは。