【6月名物】鎌倉のあじさい寺で紫陽花鑑賞してみた!!

クリスマスまで1日1チョコのお楽しみ!イタリア発ヴェンキ「アドベントカレンダー」レビュー

クリスマスまで1日1チョコのお楽しみ!イタリア発ヴェンキ「アドベントカレンダー」レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

ヴェンキ アドベントカレンダー

この記事ではヴェンキのアドベントカレンダーをご紹介します。ヴェンキはイタリア発のチョコレートブランドです。日本の1号店は2019年12月に銀座に開店しました。日本に上陸してからの期間は短いためまだまだ知名度は高くはありませんが、ブランドとして確立してしまっている高価格帯と日常的に食べやすい低価格帯の中間を埋める存在として一定の人気を集めています。イタリアのチョコレート屋ということで店頭で食べられるジェラートがとても美味しいのがイチオシポイントです。

クリスマスまでの24日間カレンダー

今年のイラストはクリスマスへ向けて準備をする人々の様子が描かれています。ツリーが飾られ、プレゼントが用意された暖かい部屋でクリスマスデコレーションを楽しんでいるデザインです。

https://venchi.co.jp/item/detail/1_1_117211_1/00

アドベントカレンダーは毎年クリスマスまでの24日間のカレンダーです。毎年デザインが変わりますが、今年はクリスマスを準備する様子が描かれていました。1日あたりに1枠ずつ割り振られているので、1日に1つずつ枠を開けていきます。枠の中にはチョコレートが入っているので毎日どんなチョコレートが出てくるか楽しみながら過ごすことができます。このアドベントカレンダーには3種類のチョコレートが入っています。

スタンド式

アドベントカレンダーの後ろは折ることでスタンドになるような作りになっています。毎日チョコレートが出てくるとはいえカレンダーなので、スタンドがついているのはむしろ当然ではあります。

小さなチョコが1日1個

1日ずつ指折り数えて、クリスマスを待つのが楽しいアドベントカレンダー。毎日1つずつ窓を開け、全部開き終わるとクリスマスがやってきます。窓の中にはブレンドと呼ばれる小さなスクエア型のチョコレートが隠れています。

https://venchi.co.jp/item/detail/1_1_117211_1/00

小さなチョコレートが1日1個入っています。毎日1枠ずつ開けることで、毎日違ったチョコレートを楽しむことが出来ます。本日は1日目なので、早速1日目を開けてみました。

今回のアドベントカレンダーは板状のチョコレートが入っています。1日目のチョコレートは甘さ控えめでビターな味わいのチョコレートでした。

おわりに

年末に向けて忙しくなってくる日々の12月を毎日少しずつ楽しく過ごすことができる工夫がアドベントカレンダーです。クリスマスまでの24日間は毎日シークレットなログインボーナス付きと考えるとちょっとワクワクする感じ。日々のお楽しみにおひとついかが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。