小腹を満たせるスナック!日清シスコの「チョコフレーク」レビュー

チョコフレークとバナナチップスをあわせて食べると・・・あの味に!

はい皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

日清シスコはココナッツサブレのようなクッキーだけでなく、コーンフレークも取り扱っています。そのコーンフレークにまるまるとチョコレートをかけてしまったのが、この『チョコフレーク』です。

 

MEMO

コーンフレーク=シスコーン

 

1968年発売

1968年発売のロングセラー製品ですが、Amazonのレビューによると2014年に『ダブルブレンドカカオ』にリニューアルされたようです。ガーナ産カカオとエクアドル産のカカオをブレンドすることで、美味しさ広がる味わいになっているそうです。

 

そういえば、日清グループ全体で見てもロングセラー製品が多い!以前にレビューしたココナッツサブレはパッケージを改めて、食べきりサイズの個包装に変わりました。このようなマイナーチェンジが消費者の心を掴んで離さないのでしょうか。

 

リニューアルでスリム化!日清シスコの「ココナッツサブレ」レビュー

 

同名の他社製品

森永製菓からも『チョコフレーク』という製品が発売されていますが、私の観測範囲では取扱店の多さという点に関しては日清シスコの『チョコフレーク』方に若干は歩があるように思います。味に関しては個人の好みですが、日清シスコのチョコフレークよりも塩味が強く感じられるとか・・・。

 

とにかく、いずれ機会があれば比較してみたいと思います。比較と言っても、”日清シスコ クリスプチョコ”が好きでこのチョコフレークを購入してみたということは、森永のチョコフレークには不利に働くかもしれません。(笑)

 

 

やめられない止まらない

味は・・・普通なんですよね。(褒め言葉)

 

「上手い、うますぎる!」というほどではないはずなのですが、なんだか食べ進めてしまうのです。チョコレートの良い香りとコーンフレークの癖になる食感は、途中で離してはくれません。つまりは、袋を空けるまで食べ続けるうまさがあります。

 

かかっているのは甘めのチョコレートなのですが、甘すぎることはありません。子どものお菓子と甘く見てはいけません。

 

このうまさが1968年の発売から2018年の時点で『50年』も愛され続けてきた理由でしょう。

 

おわりに

ちょうど手元に『バナナチップス』という乾燥させたバナナにシロップでコーティングしたものがあったので、一緒に食べてみました。何味になったかと言うと、歯ごたえのあるチョコバナナになったのです。これはこれで美味しい組み合わせでした。

 

それにしても悪魔の組み合わせですね・・・。カロリーなんかは気にしたら負けでしょう。うまいものにはカロリーがあるのです。

 

コメントを残す