羽田空港X‘mas 動画公開中

きっとSamsungのGalaxyは爆発を繰り返す

爆発したSamsungのGalaxy Note7についてです。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

機内で使用禁止になったGALAXY

オーストラリアの航空会社3社は、搭乗中にサムスン電子(005930.KS)の最新型スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」を使用・充電することを禁じる方針を明らかにした。

http://jp.reuters.com/article/airlines-samsung-idJPKCN11E169

なんと驚きなことに、誰もが手元において使用する電子機器なのに、使用が禁止(ban)されました。

 

爆発するスマートフォン

the user said, “My boyfriend’s Galaxy Note 7 exploded while charging at night. I woke up by the bang and the smell of smoke.”

http://www.businesskorea.co.kr/english/news/ict/15708-explosive-galaxy-note-7-samsung-galaxy-note-7-reportedly-exploded-during-charging

 

扱いはスマートフォンではなく、手持式爆弾です。それもこの写真を見ればその判断も納得です。手で持っているときに、本来爆発するはずのない場所でこのような状況になったら、と考えると恐ろしくなります。

 

Samsungが8月に米国などで発売(日本では未発売)した最新Android端末「Galaxy Note7」で相次ぐ発火・爆発事故の報告を受け、米連邦航空局(FAA)、日本の国土交通省、米消費者製品安全委員会(CPSC)が使用中止などを勧告した。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1609/12/news053.html

 

 

爆発理由は充電池!?

歴史は繰り返す。

 

前と同じく今回もバッテリーが悪いと犯行声明を出していました。実は、GALAXYが爆発して問題になったのは今回が初めてではありません。

 

前にもGALAXY S5という機種が爆発して国際的にニュースになりました。携帯会社の戦略的にも、ちょうどGALAXYの人気が出始めた頃だったためか、日本ではあまり取り上げられませんでしたが、その際にもバッテリーに問題があると声明を出していたのです。

 

前に爆発した「Galaxy S5」に使用されていたバッテリーは日本製でした。そして、爆発した「Galaxy Note7」に使用されていたバッテリーは中国製です。

 

バッテリーに問題があったとして、製造国や製造メーカーが異なるのにも関わらず、同じ状況になってしまったのはどういうことでしょうか。本当にバッテリーの問題なのでしょうか。もし本当にバッテリーが欠陥品だったとしても、Samsungという会社は、随分とハズレを引きやすい会社のようですね。

 

Samsungという会社の体質

バッテリーというのは負荷をかけ過ぎたら爆発するものです。バッテリーはスマホが数時間に渡って稼働していられるエネルギーを蓄えているので、そのエネルギーが光になるのか熱になるのかは管理する必要があります。回路をショートさせないように設計・接続し、ソフトウェアで爆発しないように制御しておかなければなりません。

 

運が悪くハズレを引きやすいのだとしても、原因から目を背けて保身に走っているのだとしても、結局はGALAXYがまた爆発を繰り返すことになるのではないかと感じます。理由は何であれ、GALAXY S5もGALAXY Note7も結果として爆発したということが事実で、Samsungには解決できなかったというのも事実です。2度あることは3度あるということわざもあります。

 

今回の爆発でも中国製バッテリーが悪いということにしようとしています。日本製のバッテリーが駄目で中国製のバッテリーも駄目となると、どこの国のバッテリーなら駄目ではないのか気になります。

 

というか、本当にバッテリーが悪いんですか・・・?

 

感情的に自分たちのGalaxyは悪く無いという判断をしてるのでは?現代社会において、科学的根拠や歴史的裏付けの無い主張をされても納得しかねるのですが、いつになったら気づいてくれるのでしょうかね。

 

ああ、1000年でした。

 

「被害者の立場は1000年の歴史が流れても変わることがない」当時の大統領がそう発言したのですから、そうなんでしょう。箸が転んでも被害者、バッテリーが爆発しても被害者。なんでも被害者と主張していると怪しいですから、もっと「ご利用は計画的に」嘘をついてください。

 

とにかく、現状の体制ではまた爆発が起きるのも時間の問題ということです。

 

別件でローマ教皇が「霊的に生まれ変わる機会に」とコメントを出していましたが、人災を繰り返さないためにはそれしか方法はありません。

 

予防線

某国関連はすぐにヘイトスピーチだと決めつけてくる人(のような何か?)がいるので、私個人としては「罪を憎んで人を憎まず」ということをはっきりさせておきます。

 

無闇に罪も人もと憎んでいたら、某国にある日本大使館前にいるヘイトスピーカーと同類になってしましますから。

コメントを残す