【1年間無料】楽天モバイルのRakuten Wifi Pocketを使ってみました!

OSのディスク間移行やMBRからGPTへ変換も!EaseUS Partition Masterは簡単にディスク管理出来る管理ソフト

OSのディスク間移行やMBRからGPTへ変換も!EaseUS Partition Masterは簡単にディスク管理出来る管理ソフト

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

EaseUS Partition Master

EaseUS Partition Masterは簡単に保存ディスクの管理ができるディスク管理ソフトです。クローンの作成でディスクを移行したり、ディスクモードを変更してより大容量のディスクに対応できるようにしたりすることができます。Windowsの標準機能にも『ディスクの管理』という項目がありますが、その『標準のディスクの管理』を拡張してより使い勝手を向上させたのが今回ご紹介する『EaseUS Partition Master』です。

Windowsの場合は標準機能として「ディスクの管理」という設定項目が用意されていますが、簡単な変更こそできるもののドライブ文字の変更やフォーマットなどの最低限の機能しか使えず、ディスクの管理を行いたいときの『肝心の機能』はこの設定画面からは操作できません。

標準のディスクの管理を拡張してより使い勝手を向上させたのがEaseUS Partition Masterです。この記事では『EaseUS Partition Master』をEaseUS Software様のご提供によりご紹介いたします。

EaseUS Todo Backup Home SSD/HDD移行に便利なクローン機能搭載!EaseUS Todo Backup Homeは無料版もあるバックアップソフト 誤削除したデータが復元!「EaseUS Data Recovery Wizard」の使い方

インストール

インストールは、インストール用のソフトをダウンロードして起動するだけです。細かい設定などは必要ありません。自動的にインストールが行われて、インストールが完了すると始めるというボタンが現れます。

起動すると現在パソコンに接続されているSSDやHDDが一覧になって出てきます。この一覧に関してはWindowsの標準機能として搭載されている『ディスクの管理』と同じです。では標準機能とこのEaseUS Partition Masterの違いはなにかというと、簡単に言えばボタン一つで設定できる項目の多さが違います。

ライセンス購入で出来ること

ひとつひとつの項目の説明を行う前にライセンス認証を行います。ライセンス認証を行う前は無料版として一部機能をお試しで使うことも可能です。ただし、無料版は機能の一部が制限されているので、使いたい機能によってはライセンス購入する必要があります。

機能紹介

さて、ライセンス認証も完了したので、早速EaseUS Partition Masterを使ってみました。今回は通常のメンテナンスの一環としてディスクチェックを行いました。他にもWindows標準のディスクの管理よりも機能が豊富なので、それも合わせて紹介したいと思います。

OSを移行

同じパソコン内で起動ディスクを変更したい場合はOSの移行機能を使用します。新旧ディスクを接続した状態で、古い方から新しい方へ設定ファイルなどを移すことができます。

クローン

クローンは、指定のディスクから指定のディスクへ内部の構造をそのままコピーする機能です。別のPCなどに現在の環境設定をそのまま移行したい場合に使用します。OSの移行との違いは移行前のデータを残すか残さないかという点です。他のパソコンに移行しても移行の際のバックアップとして残しておきたいときはクローン機能が便利です。

大容量のものに交換して快適に使おう!HDDやSSDを増設・換装する方法

パーティション復元

パーティション復元は誤ってパーティションを削除してしまった場合にもしかすると復元できるかもしれないという機能です。基本的には削除やフォーマットをしてしまうと復元することは難しいのですが、万が一というときは試しに使ってみるともしかするとパーティションが復活するかもしれません。

パーティションチェック

パーティションのチェックではエラーが発生していないか確認することができます。ディスクは長時間使っていくうちに少しずつエラーが発生するようになり、最終的には読み込みができなくなってしまいます。

読み込みができなくなる前にはエラーが多く発生するようになるので、エラーが発生するようになったらディスクを交換するなどメンテナンスをする必要があります。修復可能なエラーの場合は問題ありませんが、多くのエラーが発生するようになったら、ディスクの交換するタイミングということになります。

MBRからGPTへ変換

従来のディスク管理方式であるMBRからより大容量のディスクに対応したGPTへ変換することができます。MBRは仕様上2TBまでしか管理することができないため、2TB以上のHDDやSSDを接続しても管理方式がMBRになっていると2TBとして扱われてしまいます。また、GPT管理方式のほうがディスクデータの破損が起こりにくいと言われています。特別な理由がなければGPT管理方式に設定すると良いようです。

Windowsの標準機能では新しいディスクを接続したときのみこの管理方式を選ぶことができます。標準機能では相互に変換することができません。他にも変換する方法はあるようですが、EaseUS Partition Masterならボタン一つでMBRからGPTディスクに変換することができます。

4Kアライメント調整

正直な話、4Kアライメントは聞き慣れない言葉で、どういった機能なのかはじめはよくわかりませんでした。調べてみると、ディスクの1セクション当たりの保存容量を調整する機能でした。従来の1セクション当たりの保存容量は4Kデータを扱うことを想定していないので、1セクションでは足らずに微妙に次のセクションへはみ出してしまい、データ処理の効率が悪くなってしまうそうです。

つまり、4Kアライメント調整を行うことで4Kデータが1セクション内にピッタリと収まって効率よくディスクの管理を行うことができる様になります。

おわりに

Windowsの標準ディスク管理機能がもっと充実していればよいのですが、実際には見えてる範囲で出来ることはとても限られています。そのため、ボタン一つで手軽に変換やクローン作成を行うには外部のソフトを使用することになります。今回利用した『EaseUS Partition Master』は操作方法もわかりやすく、レビューにあたって確認した限りでは各機能とも問題なく動作していました。ライセンス認証しなくても体験版として試せるので、ディスク管理ソフトを探しているときは使ってみてもよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です