JR札幌駅地下1階のパセオにある「実演手打ちうどん 杵屋」でランチ!

JR札幌駅地下1階のパセオにある「実演手打ちうどん 杵屋」で昼食をたべました!

はい、みなさんこんにちは。いんたらくとです。

 

実演手打ちうどん杵屋

JR札幌駅の地下1階にあるうどん屋が「杵屋」です。グルメ杵屋レストランが運営しています。グルメ杵屋レストランは大阪に本社を置くレストランチェーンで、日本全国にその店舗があるので、訪れたことがある方も多いかもしれません。さっと食べるにしても高くなりがちな駅直結の便利な場所にあるのですが、札幌駅の商業施設の中でも手頃な価格でした。

 

 

夜遅くの11時まで営業!札幌の夜景をJRタワー展望室「T38」から眺める

 

関西だし使用

うどんのだしは関東と関西では異なるのは有名です。この杵屋は本社が大阪ということからか薄味の関西だしが使用されています。今回注文したのはざるうどんだったので、だしの違いはあまり気になりませんでしたが、かけうどんを注文すると関西風の味付けだそうです。

 

関東の濃いだしが特に好きな方は「ちょっと違う・・・」と感じるかもしれませんが、関西の外にいながら手軽に「関西風のうどん」を食べることができます。

 

 

杵屋のざるうどん

今回注文したのは税抜538円の「杵屋のざるうどん」です。ほかにもいろいろなメニューがありましたが、シンプルにうどんを食べたいと思い、選びました。ざるうどんには長ネギ、大根おろし、生姜、天かすが付属しているので、うどんつゆのなかに投入します。

 

そして・・・食べます。杵屋のうどんの特徴は「手打ち」で作っているという点です。機械で伸ばして切り分けたうどんとは違って、若干太くなったり細くなったりしています。不揃いの麺に麺つゆが上手く絡まっていました。つるつると啜るとその不揃い感が良いなぁ~と思いました。コシがあって美味しいうどんです。

 

おわりに

ちなみに、パセオにある杵屋では、うどんメニューは半玉無料で増量できます。半玉増量したので、価格に対しての量も満足でした。お店を出るときには満腹になりました。さっと食べるにはちょうどよい場所、ちょうどよい価格、提供が素早く、また来てもいいなと思いました。

 

コメントを残す