夕暮れの程よい時間に離陸!春秋航空日本IJ206便で新千歳から成田へ

IJ206便は夕方に新千歳空港を出発して、夜の7時半頃に成田空港に到着する便利な便です。春秋航空日本IJ206便で新千歳から成田へ移動しました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

チェックイン

春秋航空日本は、出発の90分前からチェックインが始まり、35分前に締め切ります。ちょうどチェックインが中盤に差し掛かったあたりでチェックインを行いました。成田ではチェックイン時に受託手荷物を預けることができましたが、新千歳ではチェックイン後に自分で受託手荷物用の検査機まで運ぶ必要がありました。運ぶと言っても大した距離ではなく、せいぜい10mほど左でしたが・・・。ちょっと不便です。

 

新千歳空港の歴史を展示した「エアポートヒストリーミュージアム」へ

 

バス移動用ゲート

ターミナルの一番端にあるバス移動用ゲートからの出発でした。搭乗口をくぐったらバス乗り場まで降りて、バスに乗って駐機場まで移動です。行きは通路側でしたが、帰りは窓際だったので早めに案内されました。おかげでバスの中で座ることができました。

 

IJ206便で新千歳から成田へ

今回搭乗するJA01GRは春秋航空日本が始まったときからの初号機です。チェックインなどの時間を考えるとお昼すぎには札幌市内から移動しなければならないので、出発時間はもう少し遅くても良いのにな~とは思いますが、お昼ご飯を余裕を持って食べる時間があって、フルサービスの航空会社と比べて半額の運賃なので致し方ないと思いました。

 

使用機材

  • 便名:IJ206便
  • 登録番号:JA01GR
  • モデル:Boeing 737-81D
  • 運用開始:2013/07~

https://flyteam.jp/registration/JA01GR

 

程よい夕刻

遠くに新千歳空港のターミナルが見えます。

 

夕方に出発して、夜は夜でも早めの時間に到着するので「この時間を選ぶ」人も多いかもしれません。座席は結構埋まっていました。

 

 

離陸

新千歳空港のターミナルが一望できました。

 

真下に見える緑色の屋根の駅が「南千歳駅」です。はるか昔には南千歳駅に隣接してターミナルがあったそうです。ちなみに、南千歳駅の近くにある白っぽい建物はアウトレットモールです。

 

飛行中に夕陽が差し込んできました。結構眩しいので、カーテンを下ろしている人もちらほら。

 

成田空港

成田空港に到着しました。LCCターミナルは網を張っただけの簡素な通路です。冷暖房にかかる費用を抑えているようですが、仮にも空港使用料として数百円は支払っているのでそれくらいは整備してほしいと感じました。

 

荷物を受け取る

ターンテーブルで荷物が流れてくるのを待ちます。預けた時間から推測するに、遅めに出てくるのかなと思っていましたが、思ったよりも早めに自分の荷物が流れてきました。無事に東京へ戻ってくることができました。あっという間の数日間でした。

 

圧倒的安さが魅力!春秋航空日本IJ201便で成田から札幌・新千歳へ!

コメントを残す