おやつや朝食に手軽でおいしい! 坂金製菓「ポリコーン」レビュー

おやつや朝食に手軽でおいしい! 坂金製菓「ポリコーン」を食べてみました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

坂金製菓のポリコーン

この記事では坂金製菓のポリコーンをご紹介します。ポップコーンはポップコーンでも姿形も味も違う、オリジナリティのあふれるポップコーンが「ポリコーン」です。

 

お話の中で屋号である坂金製菓株式会社の「坂金(さかきん)」の名称と読み方の由来をお尋ねしたところ、創業者である葛島金二郎氏が、お菓子の修業に行った先の店の屋号が「坂鍬(さかくわ)」だった事から、その頭文字の「坂」を頂き、創業者ご本人のお名前「金二郎(きんじろう)」から一文字「金」を取った事から「坂金(さかきん)」となったとのお話でした。

http://www.zenkaren.net/archives/10386

坂金製菓株式会社は愛知県名古屋市に本社を置く会社で、読み方は「さかきん」だそうです。1934年に個人商店として創業、もともとは駄菓子を製造していました。1960年にポリコーンを発売。それ以来、ポリコーンは同社を代表するお菓子として成長しました。同社はとうもろこしを原料にしているポリコーンの他には米を原料にしたポン菓子やさつまいもを油であげて甘く味付けした芋けんぴなど素材を活かしたお菓子を製造しています。

 

 

標準パック

調べた限りではいくつかのパッケージが存在するようですが、写真のものは180グラム入りの標準包装の商品です。他にも200グラム入りで簡易包装になっているお得用パックやサイズ違いの商品が多数展開されています。どのポリコーンも包装が異なるだけで味は変わらないはずです。

 

ポリコーンのカロリー

ポリコーンは100gあたり408カロリーと数字だけ見ると多めに感じます。しかし、ポリコーンは重くないので、お皿いっぱいに盛り付けてもせいぜい数十グラムです。

 

20グラムで、約82カロリーと朝食としてなら程よいカロリーを摂取することができます。原材料もとうもろこしなので安心です。

 

ほんのり甘い

ほんのりとした甘さととうもろこしのサクッとした食感が癖になります。簡単に言えばポップコーンですが、普通のポップコーンとは色も形も食感までも異なります。とうもろこしを炒ったものという意味ではポップコーンですが、ポリコーンは紛れもなくポリコーンです。また、ポップコーンと違って味付けが満遍なくされているのが特徴です。通常のポップコーンは味のしっかりついたものとそうではないものを混ぜ合わせるので、味に偏りができますが、ポリコーンは味の偏りが少なめで、最後まで美味しく食べることができます。

 

おわりに

1960年から連綿と続く昔ながらの味を維持しているとうもろこし菓子がポリコーンです。おやつとしてだけでなく、牛乳を入れてシリアル感覚で朝食として食べることもできます。ぜひまた食べたいと思いました。

 

コメントを残す