陽明山(七星山)ハイキングと冷水坑温泉

台北市内が一望できる陽明山(七星山)と冷水坑温泉に行きました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

【台湾2016その10】2016年10月2日(日)

期間:2016年09月29日~10月04日

訪問先:中華民国(台湾)

目次:2016年台湾旅行記

宿泊したのは大源大飯店

今回宿泊したホテルは台北駅から徒歩10分ほどの距離にある「大源大飯店」です。清掃が行き届いていて清潔で、日本語を話せるスタッフも居ます。

4つ星のビジネスホテルです。

 

朝食はビジネスホテルらしい普通の料理と台湾料理がありますが、台湾料理が美味しいです。

 

台北駅の地下街にあるオタクロード

台北地下街の一角に日本のアニメやゲームを取り扱っている場所があります。通ったときは朝だったので、営業していませんでした。

 

ちょうど流行っていた、UBIのDivisionというゲームの垂れ幕が下がっていました。

 

 

台北駅から気軽に行ける陽明山

台北駅の外(地下街Y16出口付近)にあるバス停からたったの30元(約90円)で楽に行くことができるのが陽明山です。

 

260番の終点まで行くと108番のバス停がありますので、行き先が決まっている方は乗ったほうが良いかもしれません。

 

特に決まっていなかったので、約20分かけて最寄りのビジターセンターまで歩きました。ビジターセンターは改装工事中で中に入れませんでしたが、売店でポカリスエットを調達出来ました。値段は25元で街なかのコンビニと同価格でした。

 

インターネットで調べて出てきた「冷水坑」に行ってみることにしました。

 

公園内循環バス108番

Google Mapが間違っているわけではありませんが、実は移動に1時間半も掛かりませんでした。 理由は後述します。

 

 

どんどん登っていきます。急坂で急カーブもありますが、乗ったマイクロバスはマニュアル車のようで、運転手さんのすごい手さばきによりグイグイと進んでいきました。

景色もいいですし、遊園地のアトラクションみたいで楽しかったです。(カーブ時にはかなり揺れ?持って行かれます。)

 

途中にあった小油坑は運転手さんにおすすめされました。

 

バスから見ましたが水蒸気が上がっていました。

 

冷水坑

あの運転テクニックはGoogle Mapのデータには登録されていないので、1時間半となっていますが、実際にはもっと早く着きました。

 

少し登ったところに展望台があるようなので行ってみることにしました。

 

いい景色です。

 

まだ後ろに階段が続いていました・・・。

 

市内が一望できる七星山の展望台

記事を書くのにあたって、ストリートビューで景色を確認しようとしたら、雲に覆われていて見えませんでした。

 

位置的にはよくある台北の地図(台北駅が左で、101が右側にある)を逆さまにした景色が見えます。

 

台北101が見えました!

 

松山空港も見えました。

 

頂上では無いのですが、景色はとても良いです。これよりも先はきりがないので、この場所で引き返しました。

 

冷水坑牛奶湖

十八羅漢陣というカンフー映画のロケ地だとかなんとか。湖水が牛乳のように見えるから名前も牛乳湖。

 

冷水坑遊客服務站

ここにもショップが有ったので、再びポカリスエットを購入しました。

 

冷水坑温泉

水着等を持ってくると公衆浴場を利用することが出来ますが、今回は水着はホテルに置いてきたので、足湯だけ利用しました。

 

なかなか、いい湯加減です。