國立故宮博物院と士林夜市

白菜と角煮は不在の「國立故宮博物院」と士林夜市に行きました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

【台湾2016その9】2016年10月1日(土)

期間:2016年09月29日~10月04日

訪問先:中華民国(台湾)

目次:2016年台湾旅行記

白菜不在の國立故宮博物院

通常開館は8:30から18:30までなのですが、金曜と土曜は21時まで開館しています。休館日はありません。入場料は250元(約750円)です。今回は無料参観券を事前にもらっていたためそれを使いました。

 

写真撮影が一律禁止だった時もあったようですが、現在は通常開館時間内の撮影が許可されています。なんとなくですが、博物館の「撮影不可」は珍しく、それと同じくらい珍しいのが美術館の「撮影可」ではないかと思います。

 

また、手荷物はコイン返却式のロッカーに預ける必要があります。手荷物がある場合は、入口の右側にロッカールームがありますので、そちら預けなければ展示室に入ることが出来ません。

 

夜間観覧は写真撮影が出来ないので、白菜や角煮の写真は撮れませんね・・・。

 

白菜や角煮は貸出中で不在でした。

 

故宮博物院の別院が台湾南部に開館したことによる措置だそうですが、この記事が公開されている頃には展示が再開していると思います。

ギフトショップが展示室の2階にあります。ストラップやマグネットが100元(約300円)からあるので、記念やおみやげにちょうどいいのではないでしょうか。ギフトショップではクレジットカードが使えます。

 

士林夜市で夕食

士林夜市という名前ですが士林駅よりも剣潭駅のほうが近いです。17時頃から深夜0時頃まで賑わっています。

 

人気店には長蛇の列ができるのですぐに分かります。屋台なので回転率は高く、長蛇の列でも待ち時間はそこまで掛かりません。衛生管理はそこまで悪いわけではないと思いますが、「綺麗なお店でないと無理」という方にはおすすめできません。

 

サイコロステーキ

1人前で100元(約300円)です。味付けはローズ岩塩・照り焼きのタレ・チリパウダー・クミンパウダー・塩コショウ・イタリア風から選べます。とっても美味しかったです。

 

たこ焼き

私は食べてませんが、そこそこ列ができていました。

 

雑貨さん

安いか高いかは物による、何でもありの通りです。

 

美食広場

前に来たときにはこの場所にあったお店で食べて美味しかったのですが、撤退してしまったのでしょうか・・・。

 

 

牛肉麺と魯肉飯

美食広場地下1階の44~47番にある黄色看板の麺屋で食べました。来店していたのは現地の人がほとんどでした。

 

前に紹介した九份の麺屋の方が濃いめの味付けでした。味付けはお店によって変わるので、複数のお店で食べ比べると楽しいです。

 

大人気の観光商店街「九份」と見学できる廃坑がある「金瓜石」

 

タピオカ入りドリンク

美食市場地下36番のドリンクショップで、35元(約105円)のタピオカ入り紅茶を購入しました。量が沢山入っているので、満足度はかなり高いです。

 

KFC

同行者が食べ足りないということで近くにあったKFCにも行きました。私は食べませんでしたが「日本のよりも揚げ物っぽい」らしいです。ファーストフード店は看板が同じでも味が変わるので、一回は行く価値があるといえます。

この後は宿泊するホテルに向かいます。

コメントを残す