夕暮れの「聖火台&ハリーファスタジアム」と活気あふれるドーハの夜

カタールの夜景はやっぱり綺麗でした。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

ポルトガル旅行記2017(カタール編) その8
日時 2017年2月11日(土)
場所 カタール/ドーハ市内(アスパイアタワー)
期間 2017年02月09日~02月16日
目次 2017年ポルトガル旅行記(カタール編)【目次】 – interact
2017年ポルトガル旅行記(スペイン編)【目次】 – interact
2017年ポルトガル旅行記【目次】 – interact

 

 

 

アスパイアタワー

 

2006年の第15回アジア競技大会にあわせて建設された聖火台のアスパイアタワーと、メインスタジアムとして使用されたハリーファ国際スタジアムです。

 

 

ストリートビューでは昼間の様子を確認することが出来ました。

 

観光の中心部から少し離れたところにあるので、場所としては来にくいかなと思います。付近にはスタジアムや大型ショッピングモールもありますが、あちらこちらでクレーンが見えるようにまだまだ開発途上の様子でした。

 

 

Villaggio Mall

 

ビレッジジオ・ショッピング・モールの内部はマカオにある某ホテルと同じように造られています。ファーストフードやゲームセンター、スーパーマーケットがあります。一見するとシティーセンターモールよりも規模が大きいですが、床面積ではシティセンターモールのほうが広いかもしれません。

 

 

 

外に出る頃にはあたりはすっかり暗くなっていました。日本からは撤退してしまったスーパーのロゴを発見しました。スーパーはカルフールです。

 

活気あふれるドーハの夜

刻々と時間が過ぎていき、空港に向かう時間が近づいてきていました。日中に訪れたスーク・ワキーフ周辺を時間を見ながら急いでひとまわりしてきました。

 

なお、この記事では詳細の説明を省いています。詳しく知りたい方は目次より日中の記事をご覧ください。

 

 

詳細は不明ですがライトアップされた遊覧船に乗って、船上から夜景を楽しむ事もできるようです。ガイドブック等に掲載されているドーハの風景はこの船から撮られたものなのかもしれません。

 

 

当然ながら、電飾のついた船がいない方が明るく撮影できました。積極的にライトアップしている建物とそうでないところが混ざっているので、夜景だけで判断すると香港の方が派手でした。

 

それにしても、夜の写真は難しいですね。

 

The Pearl Monument

 

真珠の記念碑もライトアップされていました。緑がかった不思議な色です。

 

 

イスラム文化センター

 

イスラム文化センターは、青く暗い夜空に浮かび上がっていました。青と黄色の組み合わせは絶妙です。

 

スーク・ワキーフ

 

スーク・ワキーフは夜のほうが栄えていました。どこの店も多くの人が来店していました。昼に立ち寄ったトルティーヤ屋もさらに大繁盛でした。今の時期は昼も夜も快適でしたが、夏になると日中気温は40度を超える事も後押ししてか、夜に栄えるのがドーハでした。

 

 

次の都市へ

ここまで乗り継ぎまでの時間で8つの記事に渡ってカタールを紹介して来ましたが、まだまだ旅行は始まったばかりです。空港に移動して次の都市へ向かいます。

 

引き続きよろしくお願いします。

 

www.iitxs.com