グアムを代表する「マイクロネシアモール」のフードコートとゲーセン

マイクロネシアモールのフードコートと隣接するゲームセンターを覗いてみました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

グアム旅行記2017 その13
日時 2017年9月10日(日)
場所 米国/グアム
期間 2017年9月7日~9月11日
目次 グアム旅行記2017

マイクロネシアモール

歩いて向かっていると1回4ドルのTUMON SHUTTLEが通過していきました。乗り放題パスを購入すれば自由に乗り降りできるので、滞在中は「タモンエリアで南国を満喫するつもり」という場合は購入をおすすめします。

 

マイクロネシアモールの旗とグアムの州旗、そして星条旗が掲揚されていました。グアム最大のショッピングモールで、スーパーやお土産物ショップ、フードコートがテナントとして入居しています。デパートのメイシーズもあります。現地の人も観光客も、誰もが立ち寄るスポットです。

 

有料のシャトルバスである赤いバスがタモン地区へ向けて出発したところでした。グアム・プレミア・アウトレットへは無料のシャトルバスが出ていますが、マイクロネシア・モールへは有料で観光地価格のシャトルバスしかありません。乗り放題パスを有効に使わなければ大した移動でもないのにどんどん交通費がかさんでいきます。

 

JPSTORE(お土産屋)

そこそこの価格で定番お土産を買うなら『ABC Store』か『JPSTORE』、ひたすら安価でばら撒く為のお土産は『Kmart』、ちょっと高価でも安心品質のお土産は『Tギャラリア』と目的に応じて使い分けることができます。JPSTOREはマイクロネシアモールの他にグアムプラザホテルにも入居しています。

 

フードコート

料理や提供方法がほぼ同じのベトナム料理店と中華料理店が鎬を削っていました。どちらのお店も閉店時間が近くなると割引されるようですが、ベトナム料理店のほうが一歩リードしていました。主食のごはん・パンや数ある料理から3種類選んで10ドルが、主食とは別に3種類選べて7ドルになっていました。とてもお得でしたが、ベトナム料理という気分ではなかったので結局は別のお店にしました。

 

白羽の矢が立ったのはイタリア料理店でした。ピザ以外にも販売されていましたが、見た限りではピザが最も売れているようです。味によって若干価格が変わりますが1枚4ドル程度です。セットにすると7.95ドルでピザが2枚、ガーリックパンが1本、飲み物と一気にお得になります。

ゲームセンター

フードコートの奥にはゲームセンターと遊園地をかけ合わせたようなアミューズメント施設がありました。

 

対空機関銃で攻めてくる敵航空機を無力化するガンシューティングゲーム

コナミ製の音ゲー『drummania 9thMIX』は、2003年稼働のアーケードゲームです。このバージョンのキャッチフレーズはMake a future groove!。Wikipediaによるとdrummaniaという名前を決めたのはメタルギアで知られている小島秀夫氏なんだとか。

 

こちらはSEGA製のレーシングゲーム『デイトナUSA2 BATTLE ON THE EDGE』です。1998年稼働の古いレーシングゲームです。最大で16人が通信によって同時に遊べたそうで、これは後にも先にもアーケードレーシングでは唯一のものだそうです。ちなみに、16人同時対戦はイベント時にしか使われなかったそうです。

 

メリーゴーランドや室内ジェットコースターもあって、そこそこ賑わっていました。

 

おわりに

いろいろなショップが出店しているので歩きまわりたくなりますが、敷地はとても広いので、迷子にならないように注意してください。また、モール内のあらゆるところにコイン式のマッサージ機が置いてあって、現地の人は座り心地の良い椅子として活用していましたが、時々英語で「お金を入れてください」というアナウンスが流れる仕組みになっています。コインを入れるか退くのか見ていたら、無視して座り続けている人と座り直している人が半々でした。郷に入れば郷に従えです。訪れた際にはぜひ座ってみてください。

 

コメントを残す