iOS標準機能で画像の回転・切り取りがサクッとできる 「編集」が便利

かんたんな画像編集に追加のアプリは必要ありません、そうiPhoneならね!

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

この記事はAndroidスマホだけで画像サイズの変更・回転・切り取りがサクッとできる「images easy resizer」が便利のオマージュとして書かれました。

 

簡単な編集にアプリは不要

iPhoneやiPadには標準機能として、かんたんな編集ができるようになっています。新しくアプリを入れなくても、わざわざアプリを起動させなくても、そこそこの編集はサクッとできてしまいます。もちろん、App Storeからもっと高性能な画像編集アプリ(Adobe Photoshop Expressなど)をダウンロードすることで、更に幅の広い編集が可能ですが、ビジネス時の情報共有やメモとしてなら、標準機能の『編集』を使うのが手軽です。

 

さて、さっそく「編集」の使い方を紹介していきましょう。

 

写真の”編集”

まず、撮影した写真やネットからダウンロードした画像を表示して、右上にある”編集”ボタンをタップします。タップすると背景が暗転して、編集が可能な状態になります。

 

拡大&角度の変更

まずは画面下部の『四角い枠と矢印が2つあるアイコン』をタップします。すると、拡大したり角度を変えたりすることができるようになります。操作は少し癖がありますが、慣れれば特に問題なく編集できるようになると思います。画像の縦横比を固定したい場合は右下の『白い四角』を押すと『スクエア、3:2、5:3、4:3』

 

明度や彩度の調整

 

編集後の画像

今回はかなり拡大処理をしたので荒くなってしまっていますが、左右上下に写り込んでしまったものをカットする程度ならそこまで画質は劣化しません。編集にかかった時間は約2分でした。なぜここまで過酷な拡大処理をしたのか、「知りたい!」という方は以下の記事をお読みください。

 

NEW GAME!!最終話でちらっと映った羽田空港国際線ターミナル

 

スクリーンショットの”編集”

ホームボタンと電源ボタンの同時押しをするとスクリーンショットを撮影できます。iOS11からはスクリーンショットを撮影すると数秒間だけ左下に”編集”へのショートカットが現れるようになったので、スクリーンショット撮影後にすぐ編集できるようになりました。もし、”編集”へのショートカットが消えてしまったときは、上で紹介したとおりに写真を開いて”編集”を押すことでも編集できます。

 

操作方法は先ほどと変わりません。今回は上部のステータスバーをトリミングしただけのとてもかんたんな編集に留めていますが、図を描き込んだり文字を入力することもできます。

 

おわりに

今回使用した画像はすべてiOSに標準搭載されている『編集』機能を使用しています。文字を入力したり、枠を表示したりすることができます。説明を読むことなくアイコンをタップするだけで、かんたんに直感的に編集することができます。操作方法が簡単でも、必要最低限の編集機能を備えた『編集』はiPhoneやiPadを使用している方は誰でもすぐに使用できるのでオススメです!

コメントを残す