【北の大地】ディーゼル機関車が代走する冬の湿原号

特別塗装のロコンジェット北海道に搭乗!AIRDOのHD038便で新千歳から羽田へ(2022年2月版)

特別塗装のロコンジェット北海道に搭乗!AIRDOのHD038便で新千歳から羽田へ(2022年2月版)

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

北海道といえばジンギスカン

北海道といえばやはりジンギスカンは外せません。今回も締めの食事としてジンギスカンを食べて、快速エアポートに乗車して新千歳空港へ向かいました。

この数日間はすべての列車が運休になっていたのですが、ようやく正常運転に戻っていました。万が一快速エアポートが運休していたらバスで向かうことも検討していたので無事に快速エアポートに乗車することが出来て良かったです。数日前には新千歳空港が陸の孤島になって、多くの利用者が交通手段が無く閉じ込められたことがニュースになっていました。今日この日までずっと鉄道が麻痺していたのは悩みのタネでした。

interact編集部セレクション
航空券・新幹線の予約がまだの方!今すぐお得な交通手段を比較してみませんか?

新千歳空港

新千歳空港では時短営業が当たり前になってほとんどのお店がすでに閉まっていました。シャッター街になったお土産屋さんを巡っても仕方がないので、保安検査場をサクッと通って制限エリア内のベンチに座って搭乗開始を待つことにしました。

使用機材

  • 便名:HD038
  • 登録番号:JA607A
  • モデル:Boeing 767-381/ER
  • 運用開始:2002/08~

JA607Aは2002年からANAで運用されていた機材です。2021年11月にANAからAIRDOへ移管されて、その翌月の12月より『ロコンジェット北海道』という特別塗装機として運用されています。ロコンはポケモンのキャラクターです。右翼側はオレンジ色のロコン、左翼側に白い色のアローラロコンの塗装になっています。夜間便なので出発地の新千歳空港ではあまり良く見ることが出来ませんでした。

ロコンジェット北海道に乗って

外側の特別塗装は良く見ることが出来ませんでしたが、機内のロコンはよく見ることが出来ました。ヘッドレストがいつもの無地のものではなくロコン柄になっていました。機外の塗装と同じようにロコンとアローラロコンが左右で配置されています。

新千歳空港を出発

概ね定刻通り新千歳空港を出発しました。日中はカラッと晴れていたので飛行機は鉄道と異なり、予定通り遅れることも無く通常運航でした。大雪が降った1日だけ各社とも運休していましたが、それ以降は飛行機は完全に通常通り運航していたので、鉄道が止まっているのに人だけが新千歳空港に次々と運ばれてくるということになって大混乱だったようです。

紙コップもロコン柄

機内誌ではロコンジェット北海道についての特集記事が掲載されていました。ロコンジェットは左右で塗装が異なります。機内誌では左側のアローラロコンの側を大きく写していました。

機内サービスのドリンクもロコンジェット北海道の特別な絵柄が使われていました。ロコンとアローラロコンが描かれている可愛らしい柄です。ロコンジェット北海道でのみ使われている特別な紙コップだそうです。

ちなみに、中に入っているドリンクはいつもの玉ねぎスープではなくホクレンとのコラボで登場した函館のホタテを使った『ホタテスープ』です。ホタテの味がギュッと詰まっている何杯でも飲みたくなるような旨味の強いスープでした。

東京に到着

関東に近づくと窓の外が明るくなります。東京スカイツリーと東京タワーが見えてきました。ここまで来ると羽田空港までは後わずかのフライトです。北海道では雪景色が当たり前だったので、東京は雪が無いだけでもずっと暖かく感じます。

おわりに

北海道の鉄道網が寸断されていたので新千歳空港まで無事にたどり着けるかとても心配でした。バスよりも定時性が高いことが良いはずの鉄道が運休していたことは、なかなかこれまでの常識を覆すような事態です。ドル箱路線の快速エアポートは最優先で復旧が進められていたおかげで、今回は問題なく新千歳空港まで向かうことが出来て良かったものの、今後はこういう事態も考慮しなければなさそうです。

interact編集部セレクション
航空券・新幹線の予約がまだの方!今すぐお得な交通手段を比較してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です