【北海道】ペンギンの雪中散歩がみられる旭山動物園へ

函館観光には便利な共通フリーお明日!函館バスと道南いさりび鉄道の1日乗車券「いさりび1日カンパス」を入手する

函館観光には便利な共通フリーお明日!函館バスと道南いさりび鉄道の1日乗車券「いさりび1日カンパス」を入手する

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

JRイン函館にて代理販売

JRイン函館は函館駅併設のホテルで、ホテルのフロントできっぷの代理販売が行われています。道南いさりび鉄道の片道きっぷは函館駅設置の自動券売機でも入手可能ですが、フリーパスや1日乗車券類の取り扱いはありません。鉄道なので駅窓口で取り扱っているのかと思ったら駅窓口では対応していませんでした。

道南いさりび鉄道のお得な切符を利用したい場合は、予め代理販売を行っているホテルや観光案内所などの施設にて入手しておく必要があります。ホテルのフロントにていさりび鉄道のフリーパスが欲しい旨を伝えると、すぐに用意してもらうことができました。

道南いさりび鉄道のお得な切符

種別大人小人
いさりび1日きっぷ 鉄道1,000円500円
いさりび1日カンパス 鉄道 バス1,600円800円

道南いさりび鉄道のお得な切符には、鉄道1日乗車券の『いさりび1日きっぷ』と、函館バスといさりび鉄道の共通1日乗車券『いさりび1日カンパス』があります。道南いさりび鉄道のみの1日乗車券『いさりび1日きっぷ』は、函館駅併設のJRイン函館のフロントなどの代理販売スポットにて、いさりび1日カンパスはオンラインサイトにて入手可能となっています。

オンライン専用の『いさりび1日カンパス』ですが、訪れた時は期間限定キャンペーンで、JRイン函館でも取り扱いがありました。キャンペーン実施時を除いてJRイン函館で『いさりび1日カンパス』の取り扱いはありませんので注意してください。個人的には、道南いさりび鉄道は窓口で案内してくれる係員がいるわけでもなく、訪問記念にもなるので紙きっぷがあっても良いのではと思います。

いさりび1日カンパス

いさりび1日カンパスは、道南いさりび鉄道全線(五稜郭~木古内)と函館バスの指定区域内を1日自由に乗り降りすることが出来るバス鉄道共通のフリーパスです。朝からいさりび鉄道沿線の観光地や景勝地を訪れ、昼過ぎから函館市内の観光地をバスで巡るなど、函館観光に道南いさりび鉄道の沿線を含む場合はとてもお得に利用することができます。

路線バスは市内一律で1回210円と安価ですが、道南いさりび鉄道線は通勤通学需要のある北斗市の市街地を過ぎると途端に運賃が跳ね上がります。例えば市街地の上磯駅までは片道310円ですが、その隣駅である茂辺地駅は480円です。終点の木古内駅まで乗車すると980円です。なので、道南いさりび鉄道沿線を観光で往復利用する場合には1日乗車券があって損することはありません。

函館~五稜郭のJR線は対象外

道南いさりび鉄道のお得な切符で注意しなければならない点は、函館~五稜郭駅を利用する場合は別途精算が必要という点です。フリーパスなのに精算が必要というのは不思議な感じがするかもしれませんが、函館~五稜郭駅間の1駅だけはJR直通区間となるので、道南いさりび鉄道のフリーパスは対象外です。

江差線時代から列車は直通で走っていたものの、経営分離によって運賃が別々になっています。せめて上下分離方式だったらこのような問題は起こらなかったかもしれないということを考えると、並行在来線というのはとても不便な制度です。

おわりに

いさりび1日カンパスは、道南いさりび鉄道沿線の観光地と、路線バスが充実している函館市内を組み合わせて一度に巡るにはとても便利な切符となっています。バス鉄道共通の1日乗車券なので、それぞれ降車時には券面を見せるだけ済みます。お得に利用できるだけでなく、常に小銭を用意しなければならない苦労から開放されるのはメリットです。道南いさりび鉄道沿線の観光地を訪れる場合にはお得な乗車券のいさりび1日カンパスの利用がおすすめです。

interact編集部セレクション
航空券・新幹線の予約がまだの方!今すぐお得な交通手段を比較してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です