【1年間無料】楽天モバイルのRakuten Wifi Pocketを使ってみました!

2週間滞在しての総括!「JAL農業留学2021(遠野地区)」現地研修参加レポート【その7】

2週間滞在しての総括!「JAL農業留学2021(遠野地区)」現地研修参加レポート【その7】

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

総括の時間

遠野滞在14日目の10月16日はついに帰路につく日となりました。午前中に総括の時間があり、昼食を挟んで午後から東京へ移動します。最初の1週間を過ぎてからは毎日があっという間に過ぎていくという感覚でした。2週間の遠野滞在を通して様々な方々と交流し、遠野の農業の現状を学びました。良い面ばかりでなく悪い面もみたからこそ、なんとなくでは駄目で、はっきりとした目的を持って進んでいく必要があるとの発表が印象に残りました。

本記事は日本航空株式会社及びに農林水産省による農山漁村振興交付金事業(地域活性化対策・人材発掘事業)のプログラムに参加し、滞在にあたって支援を受けて作成しています。

収穫したわさびで食べるジンギスカン!「JAL農業留学2021(遠野地区)」現地研修参加レポート【その6】

秋田空港までの帰路

昼食後に秋田空港へ向けてバス移動を開始しました。バス移動の途中で立ち寄ったサービスエリアではなぜか電子決済の調子が悪い自販機が設置されていて購入できないというびっくり事件もありました。

秋田空港についてからは搭乗時間まで自由時間でした。2階にお土産物店があるので最後の買い物を済ませてゲートへと向かいます。

奄美沖縄の世界遺産塗装機!JALの166便で秋田空港から羽田へ

おわりに

初めての取り組みで事前の想定とは違ったこと、コーディネーターがいるから上手く行ったこと、今回の取り組みの結果はすべて活きていくことになると思います。

研修生として参加したことは、普段の生活の中では知り合えなかったような人たちと出会えたことに一番の価値があると感じています。特に直近では新型感染症の影響で人との接触を減らすような動きが基本だったので、誰かと根詰めて話すようなことはありませんでした。そうでなくても2週間も掛けてじっくりと関係性を構築するのはめったに出来ることではありません。2週間ほぼ同じ行程で過ごして仲間になったのをこの1回限りで終わらせるのはもったいないような気もします。果たして今後どうなるかは気になるところです。

夜までじっくり談笑が続く!遠野・土淵地区にある「民宿 香りん」に宿泊してみた 収穫したわさびで食べるジンギスカン!「JAL農業留学2021(遠野地区)」現地研修参加レポート【その6】
interact編集部セレクション
ホテルの予約がまだの方!セールやキャンペーンを確認して、今すぐお得な宿泊先を探しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です