さくら咲く!春のお花見は東京駅近くの千鳥ヶ淵へ

手のひらサイズのスマホ三脚!JBOY「グリップタイトONEマイクロスタンド」レビュー

手のひらサイズのスマホ三脚!JBOY「グリップタイトONEマイクロスタンド」レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

グリップタイトONEマイクロスタンド

この記事ではJBOYのグリップタイトONEマイクロスタンドをご紹介します。グリップタイトONEマイクロスタンドはコンパクトでポケットに収まる大きさのスマートフォン用ミニ三脚です。他社製品よりもシンプルで小型という点で第一選択肢になりました。

 

JBOYはぐにゃぐにゃとした脚が特徴のゴリラポッドシリーズを展開している企業です。マンフロットと同じヴァイテックグループに属しています。三脚やスマートフォン用の撮影補助グッズには定評があります。

 

 

上下分離式

アダプターは1/4ネジで付属の三脚以外の三脚も固定することが可能になり、スマートフォンでの写真撮影や動画撮影の幅を広げてくれるアイテム。

上下はネジで固定されているだけなので、簡単に外すことができます。上部のスマートフォンホルダーを他の三脚につけることで、通常の三脚でスマートフォンによる撮影をしたいというときにも困りません。ちなみに、ゴリラポッドと上部のスマートフォンホルダーがセットになった商品も販売されています。ゴリラポッドを所有している場合は用途に応じて付け替えながら使えます。

 

角度調整も可能

ラバーを採用しているのでスマートフォンをがっちりホールド。

小さくコンパクトな割には前後の角度調整もしっかりとできます。スマートフォンホルダーの内側にはゴム製のラバーがついているのでグリップ力があり滑り落ちる心配もありません。

 

標準的なサイズのスマホに対応

スマートフォンの取付幅は5.6cm~9.1㎝。

あまり大きなサイズのものは取り付けることができませんが、手のひらサイズの標準的な大きさのものであればほとんどのスマートフォンを取り付け可能です。

 

動画視聴にも便利

あくまでも撮影用の三脚ですが、調整範囲が見た目以上に広いです。画面の見えやすい角度で固定することができるので、動画を視聴するときのスタンドとしても使うことができました。

 

高さ調整は不可

なお、脚の高さは固定です。通常の三脚の場合は脚の開かせ具合等で高さを調整できるものもありますが、この製品に関して言えば高さ調整機能はありません。とてもシンプルな構造になっています。また、シンプルで無駄がない構造ゆえの問題としては、脚を開くときに上部と下部のねじが緩んでしまいがちという欠点もあります。コンパクトで持ち運びやすいというメリットの前には大したことではないかもしれませんが。

 

折りためばポケットサイズ

折りたたみ式なので、持ち運びの際はポケットにしまえるコンパクト設計。

折りたたむことでとってもコンパクトに持ち運ぶことができます。スマートフォンを取り付けることができる競合製品は多数ありますが、この製品ほど小さく折りたためるものは殆どありません。本格的に撮影するつもりがなかったとしてもとりあえず持っていくという選択肢が取りやすい便利な大きさです。

 

おわりに

JBOYの他の製品とも色合いが統一されていたので、組み合わせて使用しても違和感はありませんでした。ポケットサイズなのでかばんの片隅に忍ばせておけば、急な撮影でも高クオリティな写真を撮影することができます。スマートフォンで写真撮影や動画撮影をするすべての人におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です