【北海道】ペンギンの雪中散歩がみられる旭山動物園へ

札幌駅の海鮮たっぷりちらし寿司の駅弁!札幌駅立売商会「海鮮えぞ賞味」レビュー

札幌駅の海鮮たっぷりちらし寿司の駅弁!札幌駅立売商会「海鮮えぞ賞味」レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

海鮮えぞ賞味

この記事では海鮮えぞ賞味というちらし寿司弁当をご紹介します。海鮮えぞ賞味は、札幌駅立売商会という札幌の弁当店が製造販売している札幌駅の駅弁です。札幌駅立売商会は1943年に創業の弁当販売店で、札幌駅北側にある本店にて製造したお弁当を札幌駅構内にて販売しています。札幌駅構内では直営の弁菜亭やキオスクにて取り扱いがあります。弁菜亭の中でも『改札内北側店』は、特急列車の始発に合わせて5時半頃より営業が行われているので、朝早くても駅弁を調達することができます。北海道の特急列車は車内販売が無いので、早朝から営業している駅弁スタンドは、とても重要な食料補給スポットとなっています。

箸は箱の中に

箱の中にはウェットティッシュと割り箸が入っています。駅弁なので乗車前にもらい忘れると食べられなくなってしまう恐れがあるのですが、箱の中に予め入っているので安心です。

カニといくらとウニが入っている

  • カニ酢漬け
  • サーモン酢漬け
  • 蒸しウニ
  • ボイル帆立貝
  • イクラの醤油漬け
  • 酢飯

北海道の形をした昆布を囲むようにカニ酢漬け、サーモン酢漬け、蒸しウニ、ボイル帆立貝、イクラの醤油漬けが入っています。北海道の海の幸を一通り食べることができる豪華なちらし寿司のお弁当となっています。いずれも漬物か加熱されたものが使われているので、お弁当として美味しく食べられるように工夫されています。なお、持ち運びをするのに気をつけていたつもりだったのですが、いつのまにか北海道の形をした昆布が端に寄ってしまっていました。

彩り豊かなちらし寿司

イクラもウニもカニも入っているので、北海道に来たら食べたい美味しい海の幸を駅弁で制覇することができます。イクラはホテルの朝食でも目玉として用意してくれているところもありますが、カニやウニは来道記念になかなかちょっと食べるにはハードルが高いので、お弁当として少しずつ食べられるというのはとても便利です。色々な種類の海の幸を食べることができて良かったです。

味についてはかなり良かったのですが、量については少なめかなと思います。小盛りと普通盛りが選べるときに普通盛りを迷わずに選ぶ方の場合は、おにぎり等の軽食も合わせて用意したほうが良いかもしれません。ただ、列車旅では基本的に大きく動き回ることはあり得ないので、ご飯の量は少なめでも、途中でお腹が空いて大変というほどではないかなとは思います。列車内でしっかり食べて動くのか、到着地での食事のためにお腹を空かせておくのか、そのあたりは車内で食べる各自の目的次第です。

おわりに

札幌駅の駅弁である海鮮えぞ賞味というちらし寿司弁当を食べてみました。北海道という言葉から連想させるような海産物がたっぷりと入ったお弁当です。車窓から景色を眺めながら駅弁を食べたり、列車旅の先で駅弁を食べたり、駅弁というのは持ち運ばれることを想定して作られているので、いつでも美味しく食べることができます。北海道を訪れた際の列車旅のお供にぜひ食べてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です