どちらを選ぶ?ユニクロの「ヒートテック」と「ヒートテック超極暖」

実際に購入して、ユニクロの「ヒートテック」と「ヒートテック超極暖」の選び方・着分け方を確認してみました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

ヒートテックの着分け方

ユニクロを代表する製品がヒートテックです。ヒートテックは薄くても熱を逃さない特殊な構造によって、着るだけで寒さが軽減するインナーシャツ・タイツです。

 

現在はヒートテック、ヒートテック極暖、ヒートテック超極暖の3つ厚さのなかから選べるようになっています。ヒートテックが最も薄くインナーらしく、ヒートテック超極暖はフリースのように分厚いのにインナーなので嵩張らないという違いがあります。

 

今回は、毎年11月に開催されるユニクロ創業感謝祭で、最も手頃なヒートテックと最も暖かいヒートテック超極暖を入手しましたので、レビューします。

 

※暖かさは外気温によっても左右されると思いますが、11月末の最低気温7℃~最高気温12℃程度の環境でのレビューです。

 

インドアのヒートテック

こちらは通常のヒートテックです。価格は990円+税です。

 

ヒートテックは化繊なので速乾性には優れていますが、綿のように吸収しておいてはくれません。乾くまでは気化熱で体温を奪ってしまうことになります。山登りなどの『激しいスポーツ』時には使用しても本来の効果を得ることができません。汗かきの方も思うような効果は得られないと思いますので、ご注意ください。

 

ヒートテックを含めて3枚+上着で歩いてみました。屋外は屋外でも風が強く体感温度が下がるような場所ではさすがに寒いと感じましたが、屋外もちょっと肌寒いレベルまで寒さが軽減しました。暖房の効いた屋内ではちょうどよい暖かさを保っていました。

 

色合いがおかしく感じるかもしれませんが、写真のヒートテックはネイビーです。生地は表面と裏面であまり違いはなく、他のインナーと同じような厚さです。

 

アウトドアならヒートテック超極暖(ULTRA)

そして、こちらがヒートテック超極暖です。価格は1990円+税です。

 

分厚くなって、空気の層がしっかりと形成されるようになっていました。

 

再び、3枚+上着で歩いてみました。屋外でも寒くなく、まるで暖房の効いていない屋内にいるような暖かさでした。暖房の効いた屋内ではせかせかとあるき回ると暑いと感じた箇所もありました。インナーを一枚変えただけでここまで暖かくなるのは感激です。

 

裏はフリースの、表はスポーツウェアのような模様になっています。通常のヒートテックと比べるとふかふかです。分厚くなっても伸縮性はあります。

 

ヒートテックを重ね着しよう!

ヒートテックが暖かいのは肌と生地の間に『空気の層』ができ、外部の空気を遮断するからです。つまり、重ね着をすると空気の層が2重になって、更に暖かくなるそうです。ヒートテックはMサイズを購入しましたが、ヒートテック超極暖はLサイズを購入していたことに気づかれた方もいたかもしれません。多少は伸び縮みするので、同じサイズでも良かったのですが、重ね着のために一回り大きいサイズを選びました。

 

先程までと同じく、着ている枚数は3枚ですが、ヒートテックとヒートテック超極暖を重ね着した状態で歩いてみました。暖房の効いた屋内では至って普通だったので失敗したかなと思いましたが、真価を発揮したのは屋外を歩いているときでした。

 

屋外でも普通に歩いているだけで暑いと感じた箇所がありました。凄まじい効果です。

 

まとめ

  • 屋内を中心に活動する=ヒートテック
  • (屋内を中心に多少は外出するかも=ヒートテック極暖)
  • 屋内と屋外の割合が半々=ヒートテック超極暖
  • 屋外を中心に活動する=ヒートテック2枚重ね

 

屋内はオフィスワークのような穏やかな動きを想定して一覧にしてみました。外気温にも多少は左右されますが、概ねこの表を目安で大丈夫だと思います。屋内でも屋外でも激しく動き回る予定がある場合はワンランク落として考えるとちょうどよいと思います。

 

今回は『ヒートテック極暖(EXTRA)』を試していませんが、店頭でさわり心地や生地の厚さなどを確認して判断しています。間を取って極暖を選ぶ方も多いかもしれませんが、極暖は屋外寄りなので、屋内では暑いと感じる可能性があります。屋内でも暖房が効いていない場合は極暖を選ぶと良いでしょう。

 

コメントを残す