【北海道】ペンギンの雪中散歩がみられる旭山動物園へ

歴代最軽量でフィット感が向上した小型ワイヤレスイヤホン!2023年9月発売のソニー「WF-1000XM5」レビュー

歴代最軽量でフィット感が向上した小型ワイヤレスイヤホン!2023年9月発売のソニー「WF-1000XM5」レビュー

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

WF-1000XM5

この記事ではソニーのWF-1000XM5をご紹介します。WF-1000XM5は、2023年9月1日に発売されたワイヤレスイヤホンです。新商品として登場するにはそれなりに機能も向上しているものですが、今回は連続稼働でそのままの長さを維持しつつもシリーズ史上最軽量で最小型という物理的なサイズについて大幅な改善が図られています。軽くて小さいことは結果として耳への負担感を軽減することに繋がるため、発売前から注目を集めていました。色は黒と白の2色展開です。どちらも当たり外れのない高級感のあるデザインで好みで選ぶことが出来ます。

ちなみに、WF-1000シリーズはソニーのワイヤレスイヤホンを代表するフラッグシップとして概ね2年おきに新商品が登場しており、今回登場した機種は第4世代のものとなります。世代のカウントは初代がXM1で、XM2が存在せず、2代目以降がXM3からXM5まで連番となっています。

内容物一覧

  • WF-1000XM5本体
  • イヤーピースSS
  • イヤーピースS
  • イヤーピースM
  • イヤーピースL
  • Type-Cケーブル
  • 取扱説明書及び保証書

外装はとてもシンプルな紙箱でした。日常的には充電器を兼ねたキャリングケースに収納して使うため、箱を箱で大きく包む必要性というのは正直無いのも事実です。ただ、ワイヤレスイヤホンは単なる消耗品ではなく、日常生活で使う相棒的な存在なだけにパッケージがあまりに簡素すぎると拍子抜けしてしまいます。せめて開封時にワクワクできる程度には派手さがほしいかなとは思いました。なお、イヤーピースMは本体にあらかじめ装着されています。

Type-Cとワイヤレス充電に対応

本体の充電は背面についているType-Cポートもしくはワイヤレス充電に対応しています。底の平らな面をワイヤレス充電対応の機器に乗せると自動的に充電が開始されます。今やモバイル機器の標準となったType-Cが採用されているのも良いですが、ワイヤレス充電に対応しているのでケーブルが無くても毎日決まった定位置に置くだけで充電されるというのはとても便利です。充電ポートの隣にある丸いボタンがペアリングボタンです。過去の機種ではイヤホンのタッチパッドを操作してペアリングしていたのですが、ボタンを長押しするだけというより直感的にペアリングすることが出来るようになっています。

歴代最軽量でフィット感が向上

本体の重量は片耳あたり5.9gとシリーズ史上で最軽量となっています。耳からも大きくはみ出さない形状となっているため、フィット感が驚くほど向上しています。これまでの機種では耳からはみ出している部分が大きかったので、うっかり引っ掛けて落ちてしまうこともありましたが、この機種でははみ出している部分が少なく引っかかる恐れも少なくなりました。

また、新型のウレタンイヤーピースがフィット感の向上に寄与しています。旧来のソニーの標準的なイヤーピースと比べると先端が四角く厚くなっています。ギュッと耳に密着する事で遮音性を高めているので、付け始めはとても窮屈に感じるのですが、その代わりにイヤホン本体が耳の穴にしっかりと固定されて動かなくなるのでどこかに飛んでいく心配から開放されます。

音質も低音が強化されてよりスピーカーで聞いているときのような音に近づいたように思います。音のバランスはイコライザーで好みに変更することも可能ですが、初期状態でもひとつひとつの音がはっきりとクリアで奥行きがあるように聞こえました。音質にとても拘りがある人を除けば、初期設定のまま使用してても十分に良い音と感じられるのではないかと思います。

あまり良くなかった点

表面がツルツルと光沢のある曲面になっているため、ケースから取り外したり耳に装着するときにうっかり滑ってしまうということが難点となっています。AirPodsがチンアナゴのように首が長いのは見た目ではイマイチのように思いますが、取り回しの面では意外と便利なのかもしれません。

また、目玉のノイズキャンセリング機能が個人的な体感としては従来機種と比べても極端に向上したという感じがありませんでした。実使用の中では過去の機種の機能が高かったのか今回の機種の機能が低いのかわかりませんが、ネット上で評価されているほどノイズキャンセリング機能が向上したようには正直思いませんでした。かなり強力なノイズキャンセリング機能が搭載された他社製品もあったので、もう一段階強力なものを搭載していることを期待していたためやや期待外れでした。

さらに、性能面では前機種からあまり進歩が感じられないにも関わらず上昇し続ける価格設定についてはあまり納得感がありません。有料音楽サービスとの連携は強化されていましたが、イヤホンの機能として考えれば明らかに不要な機能強化です。ワイヤレスイヤホンはどの機種も一長一短となっているので、この機種だけが一方的に悪いわけではありませんが、少なくともノイズキャンセリング機能と価格面は短所だと感じました。

おわりに

WF-1000XM5は歴代の機種と比較して圧倒的に軽量でフィット感が向上しているという点において優れています。これまでの重くて耳から外れやすいという欠点の改善が行われているため、総合的な判断としてはかなり良い商品だと思います。ソニーの音が好きな方や小型で軽いイヤホンが使いたいという方にはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です