当サイトのPVができました!【動画公開中】

LANケーブルを壁に固定する時に役立つアクセサリを一挙ご紹介!!

LANケーブルを壁に固定するあのアクセサリの名前を知っていますか?今回は見かけたことはあるけど名前が出てこないようなアクセサリをご紹介します。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

LANケーブルを壁に固定する為のアクセサリ

先月に30mののLANケーブルを購入し、壁に沿って敷設しました。既存のLANケーブルが壁にコの字型の釘で打ち付けられているので、その釘にビニール紐で結びつけています。

 

あ、あ、あくまでも仮設ですよ!!

 

エレコムのLANケーブル「LD-CTT/BU300」を敷設しました

 

今回のように後からケーブルを敷設したり、新規格のケーブルに交換したりすることを考えると、釘を使っての固定は拡張性を損なうこと、壁に穴が出来るのでおすすめしません。釘でケーブルを打ち付けてしまうとケーブルもむき出しで見た目も良くないです・・・。

 

LANモール

言わずともがな、最も人気のある壁に固定するアクセサリです。固いプラスチック製の覆いでケーブルを隠して、スタイリッシュに保護してくれるので、手に触れやすい箇所や目につく箇所での使用がおすすめです。

 

LANモールにはシンプルな白いものから、木目調のもの、表面に壁紙のような擬態しているものまであって、いろいろな柄が選べます。

 

 

難点は1mのモールでも価格が150円~とこの手のアクセサリーにしては意外と高いので、無闇に乱用していると結構な出費になることです。

 

コーナーや分岐のパーツも用意されているので、隙間なくケーブルを保護してくれますが、直進して直角に曲がるので、ケーブルの長さや壁面の状況を確認し忘れないようにしてください。壁面に凹凸があったり、ケーブルを斜めにショートカットして使用する場合は向いてません。ちなみに、1m未満のモールは販売されていないので、1mのものを切断して使用します。

 

ケーブル結束フック(LD-US10)

手の届かない上部はこのフックタイプを使用すると安価に固定できます。サイズ違いで複数展開されているので、最適のものを購入してください。

 

100円ショップ等でも類似品は販売されていますが、もっと安価な製品でも問題は無いと思いますが、長年に渡って販売されている実績を買って、この製品を選びました。

 

 

ケーブル結束ベルト(LD-CUC13)

ベルトタイプは、フックタイプでは難しいLANケーブルの複雑な移動、斜め移動や縦移動を支えてくれます。ただ、縦移動はLANモールを使用することも検討してください。

 

今回は角を斜めに横切る必要があったので、モールではなくこちらのベルトタイプを選びました。

 

 

ツイストケーブルバンド(FTT-11)

このツイストケーブルバンドを使用すると、別のケーブルと束ねたり、ラックに引っ掛けたりすることが出来ます。

 

結束バンドの方が耐久性は見込めますが、使い捨てなので固定がずれた時にリカバリーが効かないです。結束ベルトというマジックテープで留めるタイプのものは、付け外し可能ですが埃が付きやすいです。状況に応じて臨機応変に使い分けてください。

 

 

では、良いケーブルライフをお過ごしください。

コメントを残す