改装工事中で製造工程はパネル展示!白い恋人の工場見学に行きました

改装工事中につき製造工程を見ることはできませんが、無料で白い恋人の工場見学ができます。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

受付の場所

工場見学の受付は時計塔のある建物にあります。今回訪れた際にはリニューアル工事のために料金はかかりませんでした。リニューアル工事は2018年4月1日~2019年5月末の期間で行われています。

 

一応、正規の入場料は以下の通りです。

  • 大人600円
  • 中学生以下200円
  • 3歳以下無料

 

お菓子作り体験もできるテーマパーク!石屋製菓「白い恋人パーク」へ

 

噴水の前で記念撮影

受付を済ませて階段を登っていくと豪華な噴水の前に出ます。その豪華な噴水の前で記念撮影をしてもらうことができます。観光地でよくある写真販売です。持っているカメラでも撮影してもらえますが、その場で印刷したものを購入する事もできます。

 

さまざまな展示

ステンドグラスが綺麗な明るい部屋があったり、豪華な調度品が展示されていたり、映像を見てあらたに知ることができたりしました。有料エリアには製造工程の見学だけでなく他にも様々な展示がありました。

 

ちなみに、コスプレ撮影は事前申請すれば可能とホームページに記載されていました。コスプレ撮影を趣味にしている方にとっては、ステンドグラスの部屋や豪華な室内噴水はお金を払ってでも行きたい絶好の撮影スポットかもしれません。

 

製造工程見学

白い恋人で使用されている材料についての展示です。写真はカカオの実からホワイトチョコレートへの加工過程がパネルで展示されていました。

 

ホワイトチョコレートを滑らかにするためにの捏ねる機械「コンチングマシン」です。今回の工場見学ではこのコンチングマシンのみが実際の工程を見ることができました。

 

コンチングマシンだけが例外で、それ以外はパネルと映像による展示でした。

 

ただいま白い恋人パークではリニューアルオープンに向けて工事中です
騒音のためご不便をおかけしますがご了承ください

工場の内部を見るための窓があったと思われる場所は板で覆われていました。残念ですが、リニューアル工事なので仕方がありません。白い恋人は2017年7月に完成した北広島工場でも作られているので、白い恋人パークの工場が工事中でも十分に供給されているようです。(ホームページと北広島工場の白い恋人生産は約110万枚)

 

お菓子作り体験工房

順路を進んで行くと最終的にお菓子作り体験工房とカフェのあるフロアに出ました。体験工房はデコレーションだけならが972円~で、型抜きとデコレーションで1296円です。カフェで販売されていた1000円位のパフェが気になりましたが、昼食にも山ほどスイーツを食べてお腹いっぱいだったので食べられませんでした。「白い恋人ソフトくらいは食べておけばよかったなぁ~」とあとから思いました。

 

  • 私の白い恋人【焼き上げコース】: 972円.
  • 私の白い恋人【お絵かきコース】: 1296円
  • お絵かきクッキー:972円

時間に余裕があって体験に空席があるなら大人でも積極的に体験したほうが良いです。正直、見学だけではいまいち見て回った気がしません。入場料無料で試飲が300円のサッポロビール博物館と比べても、

 

札幌の夜はシメパフェ?夜パフェ専門店「パフェテリア ミル」へ行く 人気の食べ放題!スイーツビュフェ「アリス 札幌ル・トロワ店」へ行く

 

記念撮影スポット

記念撮影スポットが用意されていました。左奥に見えている階段を降ると大階段左側にあるギフトショップの前に出ました。つまり、これで白い恋人パークはひととおり見て回ったことになります。白い恋人パーク限定で販売されているお菓子もありました。

Candy Laboでスティックキャンディを購入したので、

 

おわりに

有料エリアにの展示品は豪華でしたが、工場見学という観点からは600円という値段設定はかなり高いと思います。豪華な内装や展示品を見て回ることに興味があれば満足度が高いのかもしれません。あるいみ、今回は工事中で無料だったのでラッキーでした。いずれ一度くらいは稼働している状態で工場見学したいと思いました・・・。

 

カフェやお土産屋さんで限定品を買うことを目的に来場したほうが良いです。

 

コメントを残す