5/1より元号は令和に

高層ビルに囲まれた象徴的建造物!札幌市時計台は歴史と北海道に来たことを感じるスポット

札幌市時計台

高層ビルに囲まれた象徴的建造物!札幌市時計台は歴史と北海道に来た事を感じるスポット

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

札幌市時計台

札幌時計台

札幌時計台は1878年に建てられた木造2階建ての米国風の建物です。北海道大学の前身となった旧札幌農学校の演武場としても知られています。建築された当時は農学校の畑が広がっていたそうですが、札幌の中でも特に高層化が進んでいるエリアのため、現在では高層ビルに囲まれてしまっています。がっかり観光地としても話題になることもありますが、札幌を代表する意匠としても使用されていて、多くの観光客が訪れています。

 

場所

場所は札幌の中心部で、大通公園から札幌駅の方に進んだところにあります。歩いて移動できる距離にあるさっぽろテレビ塔、北海道庁旧本庁舎と合わせて訪れることができます。札幌観光には外せない象徴的な建物です。

 

北海道旧本庁舎(赤レンガ庁舎)の知事室 北海道の発展を見守ってきた!歴史的建造物「北海道庁旧本庁舎(赤レンガ庁舎)」を見学する

 

 

内部は歴史資料館に

札幌市時計台の内部は札幌農学校に関する資料館になっています。この資料館は結構充実しているようで「内部の展示も合わせれば決してがっかり観光地とは呼ばれないはずだ」という口コミも見聞きすることがあるほどです。なので、今回は外側だけを通りすがりついでに見に来ましたが、いずれ機会があれば内部も見てみたいと思っています。

 

北海道に来たことを感じるスポット

札幌時計台

単刀直入にがっかり観光地と呼ばれることもある札幌市時計台ですが、訪れてみてがっかりかしたか否かで言えば、がっかりほど残念ではなかったです。むしろ、小さくても札幌の象徴的な建物なので来ることができて良かったです。確かに外観だけでは「高層ビルに囲まれた小さな時計台」が凄い良かったとまではならないのも事実ですが、北海道が開拓された頃の建物が今でも残っているということは訪れる価値があります。

 

おわりに

札幌市時計台は立地が抜群に良くさっと立ち寄れて、しかも「札幌に来たんだ!」という気分を高めてくれる場所でした。この場所に来るまでに長い時間をかけてようやくたどり着いたのがビルに囲まれた小さな時計台ではがっかりするかもしれませんが、なにぶん移動に便利な中心部にあるので高層ビルに囲まれてしまうのは仕方がない面でもあります。

 

ナノブロック 札幌時計台 NBH-044
ナノブロック 札幌時計台 NBH-044
  • カワダ(Kawada)
  • 価格 : ¥ 1,598
  • 商品ランキング : 60,035 位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です