イベリア航空 IBE3111便 リスボン→マドリード(2017年2月)

まるでLCCなイベリア航空の近距離線に乗ってマドリードまで移動します。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

ポルトガル旅行記2017 その28
日時 2017年2月15日(水)
場所 ポルトガル/リスボン市内
期間 2017年02月09日~02月16日
目次 2017年ポルトガル旅行記(カタール編)【目次】 – interact
2017年ポルトガル旅行記(スペイン編)【目次】 – interact
2017年ポルトガル旅行記【目次】 – interact

チェックアウト

初日は夜だったこともあって、ホテルの外観を撮影していないことに気が付き撮影しました。

イベリア航空 IBE3118便 マドリード→リスボン(2017年2月)

 

リスボンの空港

自動チェックイン機は見当たらなかったので有人カウンターでチェックインしました。

 

セキュリティチェックを終えたら免税店へ進みます。ここで買い物・・・?

 

買い物はしません。免税店の中を通らないとゲートにたどり着かない仕組みになっているのですが、看板も小さく分かりにくいので気をつけてください。

 

時間があまりないので飲み物を軽く飲んだら搭乗時間です。

 

外は曇天とまるで今の気分を表しているようでした。

 

使用機材

便名:IBE3111

登録番号:EC-ILR

モデル:Airbus A320-214

運用開始:2002/09~

flyteam.jp

 

受託手荷物は有料で、乗客はできるだけ荷物を機内に持ち込もうとするので、係員が扉の前で大きな手荷物を回収していました。私も回収されそうになりましたが、トランジットだったのでセーフでした。LCCと違って追加料金がかかるわけではなさそうでしたが、到着してからの手間を考えてなのか頑なに拒否している人が多数でした。最終的には説得に応じて渋々・・・。

 

マドリードに到着

近いのであっという間にマドリードの空港に着きました。出発と到着のフロアが同じなので、のんきに途中にベンチに座って荷物の整理をしていたらすっかり誰もいなくなっていました。