【北海道】ペンギンの雪中散歩がみられる旭山動物園へ

お茶も美味しい中目黒の高級スタバ!ロースタリー東京でTEAVANAの「シトラスラベンダーセージ茶」を飲んでみた

お茶も美味しい中目黒の高級スタバ!ロースタリー東京でTEAVANAの「シトラスラベンダーセージ茶」を飲んでみた

はい、皆さんこんにちは。日常生活が楽しくなる情報をお伝えすることを心がけている、旅する写真家のいんたらくとです。

スターバックスリザーブ ロースタリー東京

中目黒にある高級スタバことスターバックスリザーブロースタリー東京を訪れています。ロースタリー東京では日本国内のスターバックス店舗で使用するコーヒー豆の焙煎を行っています。開業した当初は入場するにも長い長い順番待ちがありましたが、現在では終日気軽に訪れることができるようになっています。通常のスターバックス店舗とは一味違うドリンクやフードが充実しています。

お茶系メニューは2階のTEAVANA

さっぱりとしたものが飲みたかったので2階のTEAVANAで注文することにしました。自動で回転する石臼で挽かれたばかりの抹茶を使用した『抹茶アフォガード』を注文しようかと思っていたのですが、この日は予定の都合であまりのんびりと店内で休んでいる時間がありませんでした。仕方が無いので持ち帰りができるメニューの中から選び直しました。

出来上がるまで店内散策

店内飲食の場合も持ち帰りの場合も注文してから完成するまでは店内を散策して待ちます。呼び出し用の機械を渡されるので完成するまでは店内のどの場所にいても問題ありません。列が並んでいなかった場合でおおよそ10分以内に受け渡しの準備が整って機械が鳴り出します。

大きなメイン焙煎機が稼働していました。焙煎機の中で焙煎されたコーヒー豆を冷ましてから倉庫に運びます。焙煎したての熱々のコーヒー豆が目の前でじゃらじゃらと音を立てながら冷やされていました。日本全国のスタバの豆を焙煎しているので高確率で焙煎機が稼働している様子を見ることができます。

ロースタリー東京でも持ち帰り可能

スターバックス店舗では持ち帰りで注文すると持ち帰り用の紙袋に入れてくれますが、ロースタリー東京でも持ち帰り用の紙袋に入れてもらうことができます。なんと、いつもの緑色の人魚の顔がついたデザインではなく、ロースタリー限定の黒色のお洒落な紙袋に入れられていました。ロースタリーに来て持ち帰りするという注文の仕方をしたのは初めてだったので、ちょっとびっくりしました。

シトラスラベンダーセージ茶

爽快なサジーの香りが立ち、その後、甘いパイナップルやオレンジの味わい、余韻に残るほのかなラベンダーとセージの風味が特徴です。
爽快なサジー、オレンジやパイナップル、そしてアップルが互いの味わいを引き立て合い、フローラルなラベンダーとセージがやわらかな風味に仕上げました。仏手柑やゆず、メイヤーレモンのような複雑な柑橘の風味が全体を包み込みます。30gから量り売りをしております。

https://menu.starbucks.co.jp/4524785374416

今回注文したのはシトラスラベンダーセージというハーブティーです。さっぱりとしていて喉が乾いたときにもピッタリと店員さんのおすすめだったので選びました。さっぱりとしていてごくごくと飲むことができ、柑橘系の甘い風味が広がるのでお茶というよりも飲むスイーツのような美味しいお茶でした。

袋から出してみて更にびっくりしたのは、容器がリユーザブルカップになっていたことです。使い捨ての容器ではなく、洗って再利用することができます。全国のスタバに持ち込めば『マイタンブラー』として割引を受けることも可能です。本当のタンブラーと比べると耐久度は低いかもしれませんが、数回程度なら問題なく使えるので。高級スタバというだけあって価格は高めですが、容器がタンブラーとしても再利用できるなら悪くはないかもしれません。

おわりに

今回は中目黒にあるスターバックスリザーブロースタリー東京にてシトラスラベンダーセージティーを注文しました。初めて持ち帰りで注文したのですが、環境への配慮も二重丸です。持ち帰りにすると快適な店内での滞在が出来ない分、価格に対して割高に感じるかもしれませんが、再利用可能な容器で提供されることを考えると案外良いかもしれません。ロースタリー東京でも持ち帰りが出来るので、滞在時間が取れないときでもぜひ立ち寄ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です