洗って使える無印良品の布マスクを使ってみました!

かむほど枝豆の風味広がる!カルビー「えだまりこ うましお味」レビュー

カルビー えだまりこ うましお味

かむほど枝豆の風味広がる!カルビー「えだまりこ うましお味」を食べてみました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

えだまりこ うましお味

この記事ではカルビーのえだまりこをご紹介します。カルビーで販売されている人気スナック菓子のじゃがりこはじゃがいもですが、えだまりこはじゃがりこの枝豆バージョンです。原材料でも最も多く使われているのが枝豆です。枝豆を食べやすいように味をつけてスティック状に固めたものといえばイメージがつきやすいかもしれません。

 

じゃがりこ
¥2,280 (2020/05/29 00:37:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

内容量35g

内容量は35gです。おやつとしてザクザクと食べたい場合は少ないですが、茹でた枝豆の代わりにおつまみとして食べるにはそこそこ入っていると感じました。パッケージにジッパーがついているので、持ち運んでいてもさっと仕舞うこともできます。ただし、量が多いわけではないので、開封後は食べきってしまう人のほうが多いのではないかとは思います。

 

ザクザク食感の枝豆

独自の製法で”はじめカリッとあとからサクサク”の心地よい食感です。
むきえだまめをまるごと使っているので、えだまめ本来の旨みがしっかりじっくり楽しめます。
塩ゆでしたえだまめの自然な旨みが楽しめます。
カリッ、サクサクの心地よい食感で、噛むほどにえだまめの味わいが口の中に広がります。

ザクザクとした食感は限りなくじゃがりこですが、風味は塩で味付けした茹でた枝豆です。しっかり噛めば噛むほど枝豆の優しい甘さが口の中に広がります。もちろん生の枝豆の柔らかくてフレッシュ感のある味には逆立ちをしても敵いません。ただ、生の枝豆は持ち運ぶのに大変なので、雰囲気だけでも枝豆を味わいたい時には重宝しそうです。なんと言ってもお菓子なので、生の枝豆のように痛みませんし、食べたあとに殻が出ません。この点においては生の枝豆よりもえだまりこのほうが優れているとすら言えます。

 

おわりに

枝豆はじゃがいもよりも味に癖があるので正直美味しいのか疑っていましたが、その心配も無用の長物でした。ジッパー付きで旅行や出張だけでなく普通のお出かけの際に持ち運んで食べるのにも便利です。ピーナッツなどの豆が好きな方や枝豆を手軽に持ち運んで食べたいという方に強くおすすめです。

 

新幹線アイス!スジャータ「コメダ監修ブレンドコーヒー味」レビュー
じゃがりこ
¥2,280 (2020/05/29 00:37:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です